資本主義経済は、国際的金融ネットワークが生み出している

資本主義経済というのは、銀行家が資金を作り資本家が、資金を労働者階級に資金を仕事を作り資金を分配することが資本主義経済の基本だと思っている。

すなわち、自由競争でコストだけを争うことが資本主義経済でなく、資金をすべての階級に回す作業をすることが資本主義の基本だということを今は考えられていないような気がしてならない。

 

すなわち、このブログのタイトルである産業支援制度は、世界の銀行ネットワークを用いたPPP運用を用いた財源を生み出し、それを資本家に資金を分配する制度である。

 

日本はなぜか、この制度を理解していない経済人が多すぎて、この制度を否定的に考える人が多くいるが、世界の資本家が活用して経済を発展させて、日本だけは、この制度をほとんど活用せず、経済的負け組になっている現実を見て、もっと世界を知れと言いたくなるのである。

 

すなわち、資本主義社会は、自由競争ばかりしていれば、完全に疲弊します。どこからか、臨時収入を得るチャンスがあれば、気楽に事業家も経営することができます。また、人の雇用も問題なくできます。

すなわち、競争原理が経済の全てだ!なんて、考えていることがナンセンスな話で、資本家への資金供給システムを活用しないで、ジリ貧になっている日本の資本主義社会を改革する以外ないと筆者は思っています。

 

かつて、渋沢栄一が、欧州で資本主義経済を学んで、明治維新以降、日本に資本主義経済を導入しました。資本主義経済の基本は、銀行システムです。すなわち、銀行券という紙幣を発行し、商用取引で活用させることです。通貨発行するという制度の導入は、市場経済を活性化させました。銀行システムと通貨発行という制度は、日本では150年の歴史であり、それ以前は存在しませんでした。すべて、欧州から学んで日本に導入された制度です。そこで、忘れているのが、銀行が資本家に通貨を提供するという制度がなければ、どうやって、市場経済を作ることができたのでしょう。

簡単です。お金は、銀行家から配られる制度は昔からあるのです。

現在における国際銀行ネットワークにおける資金の分配制度は、PPP運用における外貨送金、及び、その資金の分配制度によって行われています。

 

日本は、競争することが経済の基本だと洗脳されすぎだということが言えます。

お金は、PPP運用という仮想通貨のマイニングのようにお金をどんどん生み出しているのです。その運用により生み出している資金を世界に分配しているのです。日本は、MSA協定により作られた積立金をもとに、PPP運用している資金を、日本のトップ経営者に分配する制度をおこなっているのが、このブログで書いている「産業支援制度」による資金提供です。

 

どの角度で説明すれば、わかりやすいか知りませんが、とにかく、自由競争だけでお金を獲るという概念を変えるべきです。

すなわち、国際銀行ネットワークシステムによる資金の分配制度を理解すべきです。ここが重要です。

これを知らず、資本主義経済がどうかと言えないかと思いますが、、、