日本の国家財政を安定させるのは非常にシンプルな方法で可能です。唯一の方法は、第三の財源といわれるMSA資金を活用件数を増やすことで解決できます!

日本の国の財源についていえば、1つは、一般会計、もう一つは、特別会計 になります。それでは、それぞれの会計の収入源は何かという話をします。

___________________

 

◆一般会計・・・国民からの税収

 

___________________

 

特別会計(国内収入)・・・国有地からの売却および賃貸の不動産収入など【特別会計1の財源】

 

特別会計(国外収入)・・・MSA資金を基に欧州の銀行などでPPP運用された資金(使用用途は、産業用補助金に使うことに限定)【特別会計2の財源】

__________________

 

そこで、考えてみてください。一般会計に対する収入は、税収というのは、国民から得る血税ですので、大きく収入を増やすことをすれば、国民の生活に圧迫させることになります。

 

特別会計における収入は、税金に頼らない収入ということが、一般会計とは大きく違うところです。すなわち、特別会計における収入源を増やせば、国民の負担を伴わないで、国の収入を増やすことが可能になります。

 

特別会計における国内収入である国有地からなる不動産収益は、これは、限られた資産による財源ですので、突然、収入が増えることなどありません。

 

よって、唯一、収入を大きく増やすことができる手段になるのが、国外における運用益からの収益になります。(国外における歳入歳出外における財源 別名・第三の財源ともいわれています。)

 

豊かな国にするには、豊かな国家財政があることが重要です。すなわち、大きな収入を得るには、3つある財源のうちで、MSA資金からなる収入以外、大きく増やすための財源がないことになります。

 

なぜ、増税をしなければ、日本はやっていけないか?理由は、簡単です。使用用途が産業用の補助金として使うことで、資金の捻出ができると限定されている資金であるので、MSA資金を活用するという対象になる企業経営者が資金を申請しない限り、資金を動かせないという規定です。

 

ある意味、多くの国民は、増税を反対すると思いますが、増税が反対だという人は、MSA資金を動かすという努力をすることが、重要です。これは、民間の財源です・・・

 

国会議事堂の前にいって、「増税反対!」と声を張り上げる民衆デモ、または、政治活動家は、多数街頭でマイクをもって演説しています。反対というなら財源をどうするという回答がないのです。

 

答えは、第三の財源、MSA資金を動かすということは、第一の財源である血税増税することなく、国家財源を増やすことができる手段でないでしょうか?

 

増税反対という人物が、同時に、MSA資金はでたらめだ、信じられない! といえば、じゃあ、あなたは何のために声を張り上げているのですか?と言いたくなります。

国民の生活を守ることが、政治活動であれば、国民の財源負担を減らすことをするのは、民間人の務めでもあります。ある意味、MSA資金を民間財源として活用することが、日本における民主主義をよりよくするためにとって、非常に重要なことになることが理解できると思います。

 

日本政府には、主にたった3つだけしか財源がないのです。

もう一度言います。

 

  • 税収(国民負担)  
  • 国有地の土地収益(国内収入)  
  • MSA資金による収入(国外収入)

 

このブロブで何を訴えているかは、これから少子高齢化が益々進み、税収が減ることは見えています。高齢化により社会保険負担が大きくなり、結論、このままでいえば、国の財源が増税をしなければ、パンクしそうであるともいわれます。

 

それは、MSA資金が動かず、税収に収入を頼るという前提であるからです。

 

MSA資金が予定通りに産業用に補助金として捻出できれば、半分の財源は、民間へ、半分の財源は、政府の財源にできるために、第三の財源が十分確保されれば、第一の財源である税金は、増税しなくても国家財政を安定させることができることを訴えているのです。

 

すなわち、対象になる方が、この資金を拒否することや、疑い活用しないことは、日本国民全体の国民負担を増やすことにつながるのです。

 

国民の負担増せば、消費意識が激減し、結果不景気になり、企業も利益が上がらなくなり、税収も増えません。結論は、増税をする以外道がなくなるのです。

 

いずれは、第三の財源(MSA資金)が外国にあるのに、持ってくることができず、ひどい場合は、デフォルトする結果になります。それは、極端かもしれませんが、この構図、ちょっと考えれば誰でも理解できます。

 

ある意味、お金があるのに倒産する黒字倒産みたいな話が日本で起こっているのです。

その結果を生み出しているのは、日本のこの資金に対する考え方の悪い風潮と、それを受け取れる対象になる経営者の非協力者があまりに多いことが、日本を貧困に導いているといっても過言ではありません。

 

これを見ればわかると思いますが、如何に、MSA資金の活用を率先することが重要か理解できるかと思います。

 

日本人に生まれて、この国の国籍を有することは、この国に帰属していることになり、自分の乗っている船が沈没しそうになれば、当然、その原因を調べ、それを修正(修理)しようとするのは当然の行動です。

 

沈まぬ船にするには、修復方法は、唯一 MSA資金の活用件数を増やすことです。それ以外ありません。