お金の世界、旧札は注意が必要、お金は裏付けがあれば発行できる。

お金の話をしていると、いろいろ周囲から情報が集まってきます。時々、戦時中の債権や、旧札の情報なども周囲から、相談されることがあります。

 

やはり、この話をしていると、お金の相談が多くなります。さて、今日は、MSA資金の話ではなく、お金の話をしたいと思います。旧札や戦時中の債権など、骨董品みたいなものを持っている方は日本にも結構いるようです。

日本円だけでなく、外貨のもののあるようです。

情報によりますと、旧札や古い債権などの取り扱いは非常に注意が必要ということです。相当古いので、それが、本物かどうか判明できず、銀行などに持ち込んで、換金できるかと相談した場合、下手をすれば「逮捕される」ことになります。すなわち、戦時中の旧札、債権などには、随分偽物も存在しており、偽物だとすれば、偽札を持っていたということに、犯罪者になります。

ですから、もし、倉から旧札などが出てきても、間違っても、銀行に相談しないことです。それを鑑定する専門チームがあります。

なぜ、旧札や債権を、今、回収をしているかの理由は、旧札があれば、その額面に対して、新札を発行できるというメリットがあるからです。通貨は、発行するための理由が必要になります。すなわち、過去に正規で発行した通貨であれば、現在において、旧札を元に新札の発行ができるということで、専門のチームが鑑定しているとのことです。

 

お金は、日々触れていますが、お金の世界で細かいルールについては、知らないと事故になりますので、注意が必要です。

 

すなわち、通貨は発行するための裏付けが重要になります。

MSA資金は、海外で運用された外貨運用益の送金データーをもとに、日本円を発行しています。すなわち、外貨の裏付けをもって、日本円を発行し、その資金から条件を満たした大企業の経営者に補助金を出している制度です。