【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

MSA資金の話でよくある質問・・・最高裁での決定とは?

MSA資金の補助金制度でよくある質問で、最高裁の決定により、資金を委譲渡されたご本人は、「免税・免責・免訴・返還不要」になる という話の説明を受けると思います。

 

そこで、弁護士に質問したという方から連絡があり、最高裁で決まったことであるならば、判例があるかと思いますので、裁判の番号を教えてほしいという質問がありました。

 

高度な話になってきます。先生と相談されますと・・・・

 

そこで、免税・免責・免訴・返還不要については、申請する時点では、なんの事件にもなっていません。よって、裁判は行っていませんので、判例の番号はありません。

 

  • 裁判所における判例は、あくまでも紛争があり、事件がない限り、裁判所は法的に判決を言い渡す事がありません。この案件は、同時者同士の取り決めに関することを承諾を最高裁で得るということだけの話ですので、裁判が行われたのではありません。

 

 

 

簡単に言えば、この案件に対して当事者同士(資金提供者と資金委託者)の間での取り決め(免税・免責・免訴・返還不要)に対して申請し、それが承諾されたという承諾書が最高裁が同意したという概念ということです。

ですから、これは、最高裁といっても事件ではないので、裁判を行ったのでなく、あくまでのこの案件に対して、申請内容について承諾されたといという意味合いになります。

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。