対象になるかどうかを査定します。

コロナ危機に対応するための財源提供は、1週間で申請から資金の受け渡しまですべて完了できる制度、このブログのテーマである補助金以外、日本には存在しません。

MSA総合研究所では、どの程度、資金提供ができるか?申請可能企業かどうか?仮査定することができます。
また、対象企業の場合は、いろいろバックアップする方法の提案もあります。


対象になる企業は、東証一部、銀行、信用金庫の代表権のある個人への資金提供になり、振り込み先口座は、指定都市銀行の決済用普通口座と決まっています。(個人用)

申請方法は、至って簡単です。

1,名刺1枚
2、会社案内1部
3、面談日程(希望日)

1から3のものを提出していただき、資金提供ができる場合には、面談日を決めて、資金実行します。

■初日面談は。午後から1時間ちょっとで終了します。(面談場所は、都内で面談者の希望する場所で行います)
■2日目、3日目は、指定都市銀行本店にて、契約、資金の受け渡し、会計処理など、午前、午後の営業時間内で処理します。
4日目は、会計処理(予備日)午前中1時間ほど

書類を提出後、通常、すぐに面談の日程を組めます。通常、午前中に申請していただければ、早ければ、翌日に初日面談可能です。
遅くても、翌々日に面談を行えます。

まずは、この補助金制度に申請できるか査定してください。

提供金額は、資本金×100倍程度(東証一部企業の場合)
銀行、信用金庫は、預金高×3倍程度 という基準があります。

最近は、業種はさほど問わなくなっています。
不明な場合は、MSA総合研究所に問い合わせてください。