あなたは、この情報を知ってどうアクションを起こしますか?

空前のチャンス到来、今は世界は企業救済を求めています。また、緊急事態であることで、企業の救済を受けうることは、どこからも不思議に思われることではありません。

 

当然、この償還制度でもそうなります。大企業向けの救済を行う制度ですが、その動きも相当活発的になっています。去年までの成約件数は、本当に少なかったですが、本年度は、爆発的な伸びを示すと予想ができます。

 

筆者が数年前からこの制度の年間成約件数を300件を目指して活動をしてきましたが、流れができてきました。すなわち、MSA総合研究所に関わる人たちに対する本システムに対する教育が十分行き届いたことを意味します。

 

本ブログの愛読者は、この制度を深く理解するプロフェッショナルとして仕事ができる人物になります。当然、プロの仕事人が増えれば当然、成約件数も増えていきます。

 

筆者が日々、償還制度を伝達するプロフェッショナルを育成するためのブログを書いていたわけです。

また、インターネット上で間違った情報が出回っていますが、その情報を打ち勝つためには、ネット上でそれを超える情報量を提示する必要性があります。

確かに、簿外資産や金塊の話は、ネタとしては面白いですが、そのはなしとこの話を一緒にしてしまえば、ただのストーリー作家のフィクションの話になり、まともな人間は信じる人は居なくなるでしょう。

 

まともな人間にこの話を理解してもらうには、まともな普通の金融の話と歴史観をもって勉強したいだくことが重要になります。

知識なきものが、この案件に参加させないための参入障壁を作っています。高度な金融知識と戦後史、そして、日々起こっている経済ニュースとそれに対応するこの制度に対する回答ができる人材育成を本ブログを通じて行っています。

 

知識なきものが、参加することにより、架空話になるのであり、知識、教養、そして、常識をもって本制度に関わることで、高度なビジネスソリューションを実現することができるのです。

さあ、その土台がこのブログ通じてメッセージが伝わればと思っています。最近、筆者も感じるのは、このブログの影響でしょうか?多くの人が、この制度についての理解が深まり、非常に的を得た話をする人物が増えています。つまり、何事にもバイブルが必要になります。答えは、ここにあります。

そして、それを知ったあなたは、どうアクションを起こせるかが、人の価値を決めます。