【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

知識量と共通認識を持つことで、成約率が高まる。

償還制度(MSA資金:委譲渡資金)について、最高のビジネスモデルであると感じたのは、筆者自身が、世界ランキング30位以内の世界的有名大学でエグゼグティMBAの講師を行っていたこともあり、この制度の重要性を認識しているからである。

 

ビジネスの教育にも力を入れていたこともあった為、世界が行っている金融モデル、そして、日本が行っている償還制度というものは、世界最高峰の金融資金調達モデルであることを理解しているので、この話がいかに重要であるかを説いているのである。巷のブローカー話で終わらす話ではないために、解説を始めた。この話を、中途半端な都市伝説に終わらせて、日本経済が没落しているのであれば、非常に情けない話に感じたからである。この金融モデルは、日本だけ行っている話ではない。諸外国でも同様の制度を使い資金調達を行っている。ある意味、金融先進国のみが知っている優位な制度である。

 

調べれば、日本は長年この制度行っており、長期運用実績をもっているために、多額の資金を動かすだけの初動資金を持っている。すなわち、日本人の一部の資本家階級がこの制度について理解をして、違和感がなくなれば、日本は一瞬に世界で最も資金調達を簡単に行える経済大国になることができるのである。

また、リアルマーケティングとインターネットマーケティングを活用して本案件に興味のある人を掘り下げてリサーチしている。ホームページのアクセス数と日々のユニークユーザー数を観測しているが、大体2000名から3000名のMSA総合研究所の発信する情報をつかもうとしている方が日本全国にいるということが認識している。実際にリアルにもその3分の1程度の人的ネットワークが形成されている。ネットの世界は、通りがかりの人口もいるが、定期的購読者というのは、ある意味、MSA総合研究所の本案件に対する講義受講者であることになる。

筆者は、本案件の講義受講者約3000人に対して説明しているのである。日本全国に本案件を申請可能な方は約1000名ほどになります。すなわち、筆者がインターネットを通じて発信している3000名ほどの定期購読者に情報が伝われば、全国に一斉に本案件を動かすだけのパワーがあると認識しています。すなわち、筆者は、MSA総合研究所を立ち上げた目的は、この制度の使用頻度活用して日本経済の復活であり、国家が豊かになり、同時に国民が豊かになれる社会をつくることである。また、この制度を理解した本インターネット講義の受講生の豊かな収入に繋がる話を行っています。なぜ、無料で情報を公開しているか?理由は簡単です。この制度を知ること、また、この制度を話しをすることは、日本国民に与えれた権利だからです。日米協定で決められた制度にそのことが明記されています。だから、平等に教えるのです。

 

知る権利というものが存在しますが、知らないでそのままスルーする人もいます。しかし、知りたいが教材、人脈がなくしれない人が多数います。すなわち、情報格差をなくすのがインターネットであり、それを活用することで、共通認識を持つことができます。

 

ビジネスの組み立てで重要なことは、まずは、他人に負けない知識を持つことです。次に、いつでも話をするときに重要なポイントを説明できるだけの引き出しを持つことです。そして、自信です。それで、聞き手は、話し手のことを信用するのです。

 

話をしても信用されないと悩んでいる本講義の受講者からの声を聞きますが、答えは簡単です。「それは貴方は、まだこの話を理解するだけマスターしていないからです。このブログを最初から最後まで数回読んで記憶して、すらすらこの話をできるようになれば、誰でもすごいと信用します。」と回答できます。

知識量は、論破するためのものではありません。信用させるためのものです。しかし、実際にこの案件を遂行するに当たり必要なものは、簡単な書類を提出してください。と対象者にお伝えして書類を受け取って来ることです。やることはシンプルです。しかし、シンプルに行うには、裏側には、膨大な知識を持つことで、人を納得させることができます。

 

筆者が書いている文面を見て、そのことを汲み取っていただければ、筆者としては日々、時間をかけて文章を書いている(講義を行っている)価値があります。

Flag Counter