緊急経済対策・・・その動き

緊急事態宣言が解除されてから、最近は日々コロナウィルスの感染者が増えています。通常営業に戻りつつありますが、また、この調子ですと緊急事態宣言を再度発令する事態になるかもしれません。

 

経済的打撃は深刻さを増しています。

国も銀行、信用金庫に対して無利息融資をすることを話しており、無利息では、金融機関がやっていけないということもあり、償還制度から資金調達をして、それを金融機関の保障財源にするという動きがあるようです。

 

今、日本の残された最後の頼みの綱は、償還制度による資金調達(国の簿外資金を理由をつけて動かすこと)です。

指定金融機関で眠っている財源は、基幹産業の経営者が資金の必要性があり、申請すればいつでも動かせる財源になっています。天文学的な数字の資金を眠らしているのは、日本の経済の発展のため、社会保障をする上でも、是非とも活用したい財源です。

水面下でその動きが、活発化しています。