【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

資金提供を受ける受託者も資金出資オーナーにもメリットがあるPPP運用を活用した償還制度。

償還制度ということを言えば、資金をどこかから調達してきて、資金を返還するということを言います。

資金に対しては、申請者である基幹産業の経営者個人は、自由に使うことができますが、一部の資金は、欧州の銀行でPPP運用されて、はじめに調達した資金は、償還(返済)されます。では、はじめの財源がだれが出すのかといえば、出資者がいるのです。出資者は、すなわち、金融機関に保管している財源を、基幹産業の経営者に資金を提供します。出資者としてもメリットがなければ、ただ単に資金を提供することはありません。すなわち、普段簿外管理で動かせない資金を表にして、資金を動かすことで、市場に流通するという経済的メリットと、同時に、PPP運用益が出資額よりも多くの利益を生むことから資金提供をして出資者としても、問題ないことになります。簡単に言えば、PPP運用益は、銀行の残高証明があるだけで、その与信枠を所有者から借りて、欧州の銀行で資金をトレーダーが借りて、運用することから、日本側の運用名義人は、PPP運用期間10か月から16か月は、運用用資金は、銀行内の口座から動かせないだけで、残高が目減りすることなく確実に運用益を獲得することができます。5倍から10倍の運用益が出るという数字のマジックによって、この制度が成り立っています。1兆円の残高証明があれば、1年半ほどすれば、10兆円になっているのがPPP運用のすごさです。簡単に言えば、出資者は、先に立て替えて5兆円の資金提供をして、4兆円を自由に使える財源として、資金を使ってしまっても、残高の1兆円があれば、16か月のPPP運用で10兆円に運用益が戻っているとなれば、出資者は、出資を繰り返すこと、すなわち、本案件をどんどん行うことで、財源が増えることになります。

なぜ、大きな財源を出資者(資金オーナー)が無償で基幹産業の経営者個人に提供しても、良いのは、資金を動かし、PPP運用を繰り返し行うことで、出資者の資金は増える仕組みもあるからです。まさに、この制度を活用する基幹産業の経営者個人にも大きなメリットは、ありますが、出資者にとってもメリットがあるのが、PPP運用を活用して資金提供、運用する金融モデルです。ですから、なぜ、そんな大きな資金を提供して、無償提供されるのですか?と思われるかもしれませんが、出資者にも当然、メリットがあるから出資者は資金提供できるわけです。ファンドオーナーが損をするビジネスフローですと、だれもこの案件に出資する人はいなくなります。世の中には、巨額な資金を提供できるファンドオーナーがいて、同時に、資金提供者もメリットがあり、出資者であるファンドオーナーにもメリットがあることで、この案件は成り立っているのです。

Flag Counter