大きく流れを作り出す

グローバル経済を発展させるために生まれたPPP運用による資金調達モデルです。ある意味、国際金融の頂点で、巨額な資産をもつ資産家のみが運用できる案件になっています。このような運用があるこで、世界経済は持続的な発展を遂げる事ができるのです。

 

日本では、償還制度などとも言われていますが、すべて、PPP運用モデルにおける資金調達ということになります。

特殊な金融商材になりますが、これは、日本経済を大きく支える財源になっています。これは、日本だけの話ではありませんが、世界的に、この制度を活用して、民間と政府も財源を得ています。送金の案件などとも言われています。この制度については、なんども本ブログでは説明しているので、細かい説明は過去のブログを読んでいただきたいのですが、いずれにしろ、今、日本各地で、天災があり、大雨で非常に大きな被害が出ています。この資金を受託できる条件を満たした方が、資金を活用しますという話をすれば、大きな資金調達ができ、それを災害対策、復興支援などにも活用することができます。

本資金を申請する際に、被害などがあれば、「罹災証明」を提示することで、審査基準が緩和され、通常より大きい資金を調達することができます。

この制度は、資金の減額をお願いされればまずいのですが、資金の増額を、「罹災証明」や「事業計画書」を添付して、要求することは、高い評価に繋がります。

いずれにしろ、世界的に展開している国際金融政策を利用した資金調達モデルを積極的に活用して、財源を確保し、日本経済の立て直しと同時に、社会問題の解決を急ぐ必要があります。

 

本ブログでは何度も話をしていますが、そのための基礎財源は、十分にあるのです。財源があるからといって、その資金を申請する順を満たした経済人が現れなければ、資金は、国際法で縛られているので動かせないという決まりがあります。

日本には、資金があるが、申請者が極端に少ないという理由で、資金が放出できなく、経済的に疲弊しているという状況が続いています。この状況をいかに改善するかということで、日夜活動をしています。