償還制度も民間主導の財源と今後なっていく。

償還制度と言われる資金は、ファンドオーナーが資金を出し、基幹産業企業の経営者個人に資金を提供します。受託者は、基本的に返還義務はありませんが、欧州のトレーダーによるPPP運用して資金の償還を行う制度です。

 

日本には、巨額な資金を運用しているファンドオーナーが居ます。資金提供者もPPP運用により運用益を得ることができ、無償で資金を委譲渡された基幹産業の代表権者個人も、面談後72時間以内に資金調達が可能になります。

 

令和になってからは、基本的には、中心となり資金を動かすことができるのは、財閥系ファンドによる資金提供が中心になっているようです。

 

よって、本制度は、財閥系ファンド(民間財源)より資金提供される案件となっているとのことです。

しかし、申請プロセスは、国が認可できる基準を満たしていることが条件ということです。

 

本償還と言われる正規の償還を受けるには、申請可能な対象者は

 

  • 東証一部 資本金150億円以上 (製造業がよい)に所属する代表社員個人
  • 銀行、信用金庫(預金高2000億円以上) に所属する代表社員個人

 

というのが、本来、正規で償還制度による資金調達ができる基準になります。

小さい資本金基準でもできるという話もありますが、なかなか難しいというのが、現状かと思います。

 

気持ちよく、本償還による資金調達(PPP運用モデルによる資金調達)を行うには、やはり、上記の1,2の基準を満たしていることが重要になります。

 

色々噂はありますが、基本的に今動いている資金のファンドオーナーは、財閥系ファンドオーナーになります。ですから、ファンドオーナーは、完全な民間出資であることをが言えます。この資金について官僚管理であるという表現をする場合がありますが、官僚が直接管理していません。

 

国が関係する部分は、この制度を動かす際の許可は、国の審査部門が対応し、また、資金を動かしたときに国に対して持ち帰りの制度がありますので、その際には、関係者が出てきますが、それ以外は、完全に民間出資で、民間で行う案件になります。

 

最新情報を入手すると、償還制度も、常に変化をしてきています。財源は、民間財源が中心となり、民間出資による償還制度が今後ますます行われるようになるかと思います。

 

完全に国家を救済する巨額財源は、民間主導になるということが言えます。