理由がなければ動かせないのがこの制度の特徴、それがわかれば、国難に対応する財源を確保できる。

コロナ感染者の拡大が止まらない現状、人の交流について、また規制が強化される傾向が出ています。コロナの感染者数の動向を見ていても、第二波が来ているのではないかと考えられるため、今後、また、経済の停滞が予想できます。

 

国民にとっても、企業にとっても、これは、死活問題なってきています。その状況を打破するには、現金資産というものが重要になります。

産業育成資金と言われる「償還制度」で、基幹産業と言われる東証一部企業、銀行、信用金庫の代表者を対象としたPPP運用モデルを用いた資金提供案件を活用することで、経営者は大きな現金の調達を可能にします。

 

正直を申しまして、資金は、使わず放置していても、銀行の奥底で眠っているだけでは、全く意味のないことです。眠っている資金を起こすには、条件を満たした経済人が必要だという理由づけがあれば、資金を動かす事ができます。

 

理由なくして動かせないのが、この産業育成資金と言われる資金です。

どれくらいの金額が眠っているのか?といえば、国家予算の1000年分といえば、すごい量であることが理解できると思います。冗談みたいな話ですが、原資が巨額で、長期運用をしていくと、そうなります。ちなみに、この60年間で平均株価も100倍近く増えました。すなわち、世界は、資金量は、増え続けていることが理解できます。

 

しかし、これは、外貨運用されたマネーであり、決して日本国内に存在している資金だけの話ではありません。すなわち、日本の産業育成資金と言われる資金は、外国の銀行にあり、外貨運用された証券口座に入っているまだ現金化されていない資金とイメージしていただければ、理解できると思います。現金化された資金が、日本にそれだけあれば、バブル経済もいいところです。しかし、理由があれば「条件を満たした経済人が資金の必要性をがあり申請すること」動かせる資金であることは、間違いないです。

 

日本は、水害、地震が多い国です。また、今年は、コロナショックにより景気低迷、倒産企業も今後増えることが予想できます。社会保障費も今後国もかかることを考えれば、使わず眠らしている海外運用資産を日本で活用できるようにすることが重要です。

その必要性を話をしているのです。

 

この資金は、運用は、国際金融を行う欧州のバンカーによって、運用され、日本の基幹産業の経営者個人が活用すると言わない限り、資金は、銀行で眠ったままになっています。 何度も言いますが、財源があっても理由がなければ動かせないのが、この資金の特徴です。