時代とともにに変化する制度、しかし、形を変えながらも継続している

興味があるところは、産業育成資金と言われる資金は、本当に存在していたのか?それによって、経済に貢献した人物が居たのか?というところが疑問に思われるかもしれないですが、独自の調査によれば、過去に200社を超える企業の代表者が本制度を利用したということであります。

 

世間では色々噂になっている話がありますが、本当の話もありますし、そうでない話もあります。しかし、戦後、そのような資金を活用して、大きく成長された企業も多かったことは事実です。

 

かつては、経済援助資金特別会計法で行われた補助金制度もありましたが、それ以外にも、返還不要で提供された資金もあったということです。現在でも、色々噂されていますが、財源は、形は変えていますが、どうような制度を行う資金は存在している事は事実であり、巷で、募集されているというのが、現状です。

 

しかし、どういう経由でどう申請するかなど、不明な点が多いために、この制度を真似て、悪用する悪質な人物がいることは、事実です。

本来ならいい意味での日本の経済支援制度であるが、それがうまく機能していないという現状があります。

重要なことは、この制度に対する申請費用は、1円もかかりません。申請時に協力金などを請求されるケースは、それは、本筋が行っている話でなく、虚偽の話です。

当研究所では、本制度についてできる限り正しい情報を提供することを目的にしています。

 

確かに、時代の変化とともに、多少制度は、変更したり、過去にあった資金はなくなったりしていますが、同様の制度は、存在している事実はお伝しています。