【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

Receiverバンクを指定する理由

大企業の経営者に無償で提供れる資金の謎について説明しています。これは、PPP運用者(Sender)が、第三国にある指定の銀行口座に資金を送金する際に、第三者の口座(Receiver)を経由して送金する必要があると説明しました。

また、Receiverになる銀行を指定しているのは、Senderにとって対応が行いやすい銀行を指定するというのが、送金ビジネスでは通常行われています。

 

すなわち、送金者(Sender)としては、自ら対応できる銀行で資金をレシーブ(受ける)ことで、確実にSenderがReceiverに送金をして、72時間以内にSender指定の口座にSender バックできるからです。

 

確実に作業を実行し、確実に作業を完了させるためにこのような方法を用いています。なぜ、Receiverする銀行が指定されているのか?疑問に思う事があるかと思いますが、理由は、Senderから見て、Receiver bankを指定することで、72時間以内に確実に作業を完了するコントロールが可能になるということです。

 

全く知らないところに送金すれば、送金の作業を監視できないからという理由もあります。

 

いずれにしろ、これは、送金ビジネスであり、この制度を理解することで、効率よく資金調達ができます。

Flag Counter