【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

8月も最終日 収穫の秋にするべきときがきた

8月最終日、子供の頃は、夏休み最終日で、宿題をどう終わらすか悩んだものです。今年は、コロナが原因して、リモート授業ということで、学校に行けない学生が多数あるとニュースで見ています。特に大学周辺にある学生街は、人が全くおらず、商売にならないということで商店街が苦しんでいるということです。

 

不況にはいろんなパターンがありましたが、今回のような不況は、過去にあまりケースのない不況です。コロナウイルスに対して、どのような対応をするのか?ということを国でも協議しているということですが、危険レベルを下げると社会保障がされないということもあり、この不況で生活ができなくなる人も多数でてきていますので、それを打開する策を国も考えなければなりません。まさに、ベーシックインカム制度の導入を考える時期に来ているのではないでしょうか?

しかし、財源はどうするという課題は、クリアーしていません。

そこで、このブログで論じているPPP運用益の送金案件をたくさん行うことで、日本経済を支える財源を確保できます。

 

運用益は、十分あるのですから、その資金をレシーブするReceiverであるAccount Holder (口座名義人)の協力があれば、財源の確保が簡単にできます。

 

国際的運用案件を活用して、日本にどんどん送金して、日本の経済を支えるのはこの制度を理解した民間人の使命です。

Flag Counter