自国で解決できないときは、外国から問題を解決する

長年謎とされてきた巨額資金の謎、それは、送金の案件「WIRE CASH Transfer」と言われる欧州の運用会社からの日本への送金案件であることを本ブログで伝えています。

 

そろそろ、多くの関係者がこの事実に気づくべき時が来ています。特殊な金融であるが、一種の金融案件であり、この制度があるので、経済の救済ができる仕組みがあるのです。すなわち、中央銀行は、1国に1つあります。自国の中央銀行が日本のように、中央銀行が政府に対して多額の貸出を行った場合、政府は、中央銀行に対して返済不可能になる可能性があります。その場合、別の中央銀行ネットワーク(FRB)で運用された外貨運用益を中央銀行ネットワークを通じて送金することで、救済できる仕組みがあると考えればいいです。自国の中央銀行への借金が返済が難しくなれば、自国以外から資金を注入する以外、対策ができないことになります。いくら、自国内でこの政府の借金問題を解決しようと増税をしても、国民のすべての預金や財産を没収するという方法以外で、解決策がないことになります。それでは、本来経済を発展させるための銀行業務の目的とは意図が違います。

 

よって、この案件は、外国の中央銀行ネットワークによって運用された資金を日本の中央銀行経由で指定銀行に送金するという案件です。送金先の口座主になった方にも口座貸し名義使用料(Receiver コミッション)として手数料がいただけ、同時に、日本国に対してもセキュリティ費用として国の財源とすることができるのです。すなわち、国が財政的に困ったときには、この資金が非常に役立つことになります。

 

すなわち、これは、民間案件でありますが、この案件に対してくだらない邪魔が入れば、日本経済の成長を妨げているのと同じことです。よって、民間案件ではありますが、それをサポートする立場の我々にとっては、邪魔される存在に対して、何も言わないのではこの状況が改善することはありません。すなわち、何が重要か、それは、この制度に対する教育が重要です。

 

どうすれば、日本の経済を発展させることができるか、また、同時に国民が豊かにクラスことできるか、また、政府の財源が豊富になり、社会保障を充実することができるか、日本は、この制度の送金をうまく活用すれば世界一所得の高い国になることができます。

 

手段がないなら諦めて、日本経済の将来の厳しい局面に泣く以外方法がありませんが、すでに、我々が直接この案件を進めているのである状況下で、目の前にある問題を解決して前にすすめる必要があります。よって、関係者や私達の仲間に対して本ブログを通じて情報共有しているのです。また、本案件で苦労されている方も多数いるかと思いますので、無料の相談窓口も開設しているのです。

 

いずれにしろ、目立たない存在としての活動になりますが、これは、民間活動でできる政府と日本国民を豊かにする財源を作る作業を行っているだけです。

 

毎日、同じことを念仏を唱えるように繰り返していますが、物事を大成させるには、日々の繰り返しの連続によって、大きな結果を生み出します。

 

最後にもう一度いいます。

 

本文で一番のポイントは、 「自国で解決できなくなった借金問題は、外国から資金を送金することで解決できる!」 ということです。 

 

間違っても、自国民を苦しめる増税という選択をするべきではないのです。よって、それを阻止するには、我々がこの案件を推進し外国からの送金案件を実行するのです。この案件に賛同してくれている同士にその声を届けています。