【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

もし半沢さんと会話ができるのであれば・・・

MSA(Mutual Security Act)の略です。そこで考えました。

 

Mutual=相互⇒日本と米国⇒日米

Security=安全保障

Act=法令

 

ということになります。

 

実際には、この資金は、日本と米国の安全保障費(Security Fee)として捻出するということですから、

 

この資金のことを本来は、MSFというのが正しいのではないかと思ったのです。

 

MSF=Mutual Security Fee です。相互安全保障費⇒日本とアメリカ合衆国における安全保障費 ということになります。

 

さて、私達の仕事は、MSF(Mutual Security Fee)を捻出するための仕事です。すなわち、相互安全保障費を捻出するための作業を手伝うアルバイトを行っているとかんがえればいいのです。口座主(Receiver)になる方も仲介者になる方もアルバイト料がいただける案件ということになります。

 

こう考えれば、この案件の説明が簡単です。

 

私の仕事は、MSF(Mutual Security Fee:日米の安全保障費)を捻出するサポート業務です。

 

よって、MSF  Supporter⇒となって、短縮すれば、MSFS といえます。 そんな話は重要ではないですが・・・・・

 

 

 

 

話は変わりますが、テレビドラマで大人気な「半沢○○」筆者も毎週見ました。航空会社が破綻寸前になり、再建するのか、それとも銀行の貸付した資金の債権放棄をするのか?というテーマですが、半沢さんに筆者が耳打ちするなら、

 

MSA「半沢さん、500億円の債権放棄をしなくていい方法教えましょうか?航空会社の社長に、ちょっと2,3日時間もらっていただければ、100年間経営難から逃れる資金を提供する方法があります。それは、極秘な案件と言われていますが、国家の安全保障費を捻出する案件で、ちょっと協力していただければ、現金ショートが一生することない財源を提供できますよ。」

 

半沢「それは、なんですか?銀行にとって、借金返済されなければ、大変なことになります。これは、願ったり叶ったりです!」

 

MSA「もっと言うなら、そちらの頭取にも同じこと教えて上げてください。ここ最近、経営難で、破綻しそうな基幹産業企業は、増えています。大手銀行ならば、そのような基幹産業企業への大型融資をしているでしょう。不良債権化されれば、銀行もたまったもんじゃないでしょう。そこで、資金の強化をする必要があります。それも同時に、国家の安全保障費を捻出する作業に、御社の頭取に協力してもらえれば、すぐに解決します。」

 

半沢「それは、頭取も助かります。我が銀行は、かなり危険な状況にある基幹産業企業への多額融資を行っています。」

 

MSA「多額融資をしている基幹産業企業の社長も、この国家の安全保障費の捻出する作業を手伝っていただければ、現金資産が増えますので、返済されない心配はありません。大企業は、十分助かるための方法がありますから、逆に、助けを必要としている東証一部資本金100億円以下の企業や、中小零細企業に無担保融資をする財源をすることが重要です。銀行は、安全保障費を捻出するための作業に協力して、現金資産を手に入れ、その財源をもとに、保証協会の審査が通らなくても、困った企業、個人に対して、無担保融資をしてください。返済でくなくても、十分、補填財源があります。」

 

半沢「そんなバラマキ的な融資をしても、銀行は潰れないのですか?不正融資を許さないが、私の鉄則です。」

 

MSA「不正融資というのは、虚偽の報告書をつくって、それに従って融資することが、不正融資ですが、真面目に赤字ということを報告されても、それを承知の上で貸し出せば、不正融資にならないのではないでしょうか?」

 

半沢「それは、いいですね。そんな制度があれば、うちの実家も助かっていました。なくなった父親のことが悔やまれます。銀行は、人助けをするように見えて、困った場合には、見放す、それは商売ですから理解できます。しかし、人道的に助ける財源があればとずっと思っていました。有難うございます。」

 

というふうになるのではないでしょうか?

 

すなわち、この案件は、MSFですよ。日米の安全保障費を捻出する案件に参加することで、問題は解決されます。半沢さん!

 

そうです。この資金は、資本金の最低100倍、場合によっては、1000倍返し されます。みんなまとめて基幹産業は、1000倍返しだ! といえます。

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。