小売業、量販店、スーパーなども対象になります。条件は、ブログで確認してください。

小売業、量販店、スーパーなど

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/8348a9b7213cde31a9394316a8274827e04ed5c2

 

国家の安全保障捻出のために行われている運用益から、捻出される企業育成資金の対象企業は、本来は、製造、基幹産業のみと決めていましたが、今では幅が広がり、ほぼ全業種が対応可能になっています。

 

小売、量販店、スーパーなどでも東証一部 資本金150億円以上の資本金があれば相談可能です。 企業育成資金の対象者は、基準を満たした所属企業の代表権のある社員、だれでも結構です。

 

厳しい状況になれば、この企業育成資金の制度を活用することをお勧めします。