世界の金融大国(日本)だからあるこの企業育成資金の制度。

日本が世界の金融の中心になれるのか?その理由について解説しています。世界の中央銀行は、連邦準備制度があることで、通貨を生み出すための裏付け財産を担保されています。すなわち、日本の皇室は、米国における連邦準備制度(ブレトンウッズ体制)における金ドル本位制度における出資比率の約60%が日本の皇室財産であるということが重要なポイントになります。出資といっても、MSA(相互安全保障条約)下の管理資産として接収財産のことを指すので、希望してそうなったとは、100%言い難いものがありますが、結論として、世界の連邦準備制度における日本のシュアが約60%もあることで、その運用益が、天文学的な金額になっていると理解して間違いないです。しかし、これは、連邦準備制度における管理資産として日本の皇室財産があるので、この運用益を、直接皇室に送金することができません。よって、この連邦準備制度の巨額な資産を管理しているのが、イングランド銀行になりますので、イングランド銀行から日本銀行経由で指定都市銀行に送金をして、大企業の企業代表者に資金を提供しています。送金総額の20%は、大企業の経営者の使用分として、80%に関しては、安全保障費として日米の安全保障費として活用されます。安全保障費の中には、対外支援、IMF世界銀行ODA、また、皇室への寄付金なども含まれています。なぜ、世界的金融組織に対して資金も提供されるのかは、理由は、本来、これは、連邦準備制度における出資金における運用益の配当を、復興財源にしたと考えれば理解できるのではないでしょうか?

 

その制度は、すでに世代交代は何度かされていますが、継続して行われています。なぜ、米国のFRB連邦準備制度)で運用していますが、イングランド銀行に本部となる運用組織があるかといえば、これは、銀行の歴史に関係しています。世界最古の銀行と言われるイングランド銀行を中心に世界の金融は発展してきました。米国のFRBの歴史は浅く、実際の運用は米国の連邦準備制度FRB)を使って運用されていますが、歴史が最も古いイングランド銀行連邦準備制度の管理資産の本部を置きました。

 

イングランド銀行における連邦準備制度の管理資産の本部におけるトップが、もっとも資産を提供した日本の皇室ということであり、皇室の資金オーナーが、イングランド銀行における連邦準備制度の管理資産の本部のトップということになります。

 

世界の連邦準備制度のNO1の出資者ということは、日本の皇室資産を管理している資金オーナーが世界の金融の頂点ということになります。

 

表向きに言われる財閥家系などがありますが、それより遥かに多い資産提供をしているのが、日本の皇室でありますが、MSA(相互安全保障条約)における管理資産ということで、直接、この連邦準備制度の運用益を皇室に送金することができませんが、それに代わって、日本の大企業経営者(東証一部、150億円以上・銀行・信用金庫(5000億円以上))の経営者に企業育成資金として資金提供されるということになります。

 

  • 銀行・信用金庫については、預金高5000億円以上としてください。
  • 災害地、被災地の場合は、預金高5000億円以下でも相談の上対応可能なばあいがあります。事前にご相談ください。
  • 東証一部企業の場合、製造業・基幹産業の場合、厳密には、130億円以上でお願いしたいというのは、主催者の意向です。
  • 東証一部企業で、製造業、基幹産業以外の業種に関しては、資本金200億円以上はほしいというのが、主催者側の希望です。
  • 理想としては、東証一部・資本金500億円以上ある製造・基幹産業企業の場合は、尚可。

 

70年以上の歴史があり、今はこの制度について詳しく知る人物も減ってきていますが、この案件を風化させることなく、活用して、日本経済の復興に役立てたいというのが、本ブログ書いている意味です。