【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

育成資金について理解を深めるには、この内容を理解することが重要です。

企業育成資金の制度については、日本政府とは違うのですが、日本のために資金を提供する民間が存在するという話を書いています。この制度は、中央銀行に関係した制度です。簡単に説明すれば、中央銀行中央銀行といえば、連邦準備制度による預託された財源(ゴールド)があることで、通貨を発行できるという金本位制度からの流れがあります。

 

すなわち、中央銀行中央銀行に対して預託した金(ゴールド)を出資している金主(オーナー)が存在します。実際のことを言えば、その金主をつとめる組織が本案件を行っていると考えれば、理解できるかと思います。

 

世界各国から連邦準備制度に対して出資(預託したゴールド)がありますが、日本のオーナー組織が世界のNO1の規模を誇っています。世界の約60%の預託されたゴールドを中央銀行に対して提供しているという話があります。

 

日本が世界でもっとも金持ち国家になりえるという所以は、世界の中央銀行に対する金本位制度当時の流れから存在する預託されたゴールドの出資比率が世界ナンバーワンであり、それが、皇室の資金として管理されているという視点で見れば、この制度がなぜ、こんな巨額な資金を中央銀行経由で資金を捻出して、大企業に資金を提供することができるのか?また、中央銀行経由の運用によりできた運用益を送金をして、日本の中央銀行で、通貨を発行することができるのか、その意味が理解できてくるかと思います。

 

簡単にいえば、世界の中央銀行へ出資(ゴールド)している組織の中の最大のオーナーが日本のオーナーであり、それが皇室に関係ある運用管理者がおこなっている案件ということが分かってくれば、この制度の謎が解けて来るかと思います。

 

世界の中央銀行に出資している出資比率の60%は、日本の皇室における資産管理運用するオーナーが管轄しているということになります。

 

日本の皇室(宮内庁とは関係ない別組織)の資金として、なぜ、東証一部企業の経営者、銀行経営者などに資金提供されるかは、理由は、世界の中央銀行の出資オーナーだからです。世界の中央銀行の出資オーナーが日本の皇室関係であり、そこから資金提供される案件ですので、世界の中央銀行のオーナーから提供される育成資金の案件であると言えば、より理解できるかと思います。

 

ですから、中央銀行中央銀行の出資者によって、行われている案件で、資金提供者は、中央銀行への出資者が資本主義経済の発展のために、日本の東証一部企業、銀行の代表者に資金提供をしているという案件です。

 

これで、この話の謎が理解できたかと思います。

 

ですから、この案件は、世界的銀行である中央銀行の組織によって行われている案件です。よって、政府ではないが、民間経済と政府の安全保障を救済する案件になっているのです。

 

ここまで説明すれば、本案件の意味が理解できたのではないでしょうか?

 

筆者は、この案件は、銀行が行っている案件という言い方をします。

 

どこかの中央省庁ではありません。世界の中央銀行へ出資しているチーム(組織)が世界経済を作り上げるために提供している資金であると言えます。日本には、最大のこの資金の運用益の最大の使用権をもっているというのが、東洋の奇跡をつくることができた大きな原因になっています。

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。