実話!企業育成資金:東証一部、銀行・信用金庫・病院の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

デフレの原因は、この企業育成資金の現金投入ができていないからである。

東証一部企業の製造業、基幹産業(電力・鉄道)、(情報・通信)を含む企業に対して、資本金には大きくこだわらず資金提供できる案件もあります。

 

従来は、資本金100億円で製造業・基幹産業を含む企業を対象に募集しておりましたが、それより幅広いレンジで資金調達を行いやすいようにここ最近、育成資金も幅広いレンジにするという考え方に変わっています。

 

残念ながら、製造業、電力、鉄道、情報通信 以外の業種、たとえば、飲食店などのサービス業などは、対象外になりますが、資金調達を行いやすい環境整備が進んでいます。

 

資金本部が受け付けるかどうかは、資金本部への確認が必要になりますが、今まで資金調達ができなかった資本金の小さい東証一部(製造業、電力、鉄道、情報通信)も日本を支える産業して、重要産業ということで、資金調達ができる動きになってきています。

 

具体的に、資本金が○○億円だから大丈夫という案件ではありません。

 

まずは、申請代表者が東証一部(製造業、電力、鉄道、情報通信)の業務を行っている企業であるかをチェックしなければなりません。次に、企業状況を調査した上で、育成資金に参加できるかを資金本部で検討します。受給資格があるという判断になれば、面談、申請書類の提出、その後、国の審査(法務省金融庁最高裁)での審査に合格できた時点で、資金投入となります。その後、同じ用に精算作業をおこないそれが完了した時点で、作業は終了となります。

当然、本案件でも免税、免責、免訴の権利は与えられます。当然、返還不要の資金になります。

 

もう一度言います。

 

コロナ禍で経営状況が大変である東証一部企業の経営者に朗報です。業種が、「製造業、電力、鉄道、情報通信」に属していれば、銀行管理された企業育成資金の財源から資金を調達することができます。

当然、この審査は、国の関係省庁によって正式に行われる案件です。

政府からの補助金や金融機関の借り入れでなんとか、延命している企業も多数あるかと思います。しかし、銀行管理された日本の企業育成資金の財源から資金提供を受ける手段が理解できれば、現金資産を1週間以内に資本金の何十倍と得ることができます。そうすることで、企業の雇用維持、設備投資、また、新規事業などへの投資が可能になります。

これは、経営者自身の判断になりますので、産業以外にも社会貢献事業として業界発展のため、地域社会の貢献のために資金を活用することができます。

 

その魅力的な銀行管理された企業育成資金の財源を活用しない手はありません。

 

資金は、省庁から直接資金を出される案件ではありませんが、銀行という民間期間に管理委託をして企業育成資金を保管しています。それを動かす際には、銀行と関係のある資金本部とそれを審査する関係省庁(法務省金融庁最高裁)とで行っている案件になります。

 

省庁に聞いて確認するということを言いますが、省庁は、直接管理している資金ではありません。銀行が委託されて管理している資金ですから、銀行管理の資産になります。しかし、銀行に聞いても、銀行の内部情報の詳細についての公開することがありませんので、明確な回答を探すことができません。

実に、うまい保管の仕方をしているのです。

 

また、銀行と関係のある資金本部は、わかりやすい窓口を持たず、代行という立場だけを与え、個人に対して申請業務を移管しているので、その個人に何も言わなければ、その業務をおこなっているかわからないというふうになっています。

 

確かに、違和感を感じる経営者も多くいますが、PPP運用された資金というのは、世界的にも同じ制度で、秘密保持を保っています。銀行から指定されたエイジェントがコンサルタントとなり、業務を遂行するというふうに決まっています。

 

なぜ、そのように制度決めているのでしょう。答えは、ほとんどの人は銀行には、金利を払って借金として資金調達をします。しかし、一部の条件を満たした人は、銀行から資金をいただけるからです。

 

同じ窓口で、借金をする人、お金を無償で貰える人という業務をできるかといえば、できません。ですから、完全に分離してこのような案件を行っています。

 

ですから、銀行と関係のある資金本部は、正体を明かさない仕組みになっています。銀行には銀行の理由があります。それを理解すれば、この案件ほど、素晴らしい案件がありません。

 

よくこの制度を説明をするときに、なぜ、無償で資金をいただけるのか回答がむずかしいという話を聞きますが、国際金融のなかで、なぜ、特集なPPP運用というものが存在するのか?それは、経済を発展させる上で、銀行業務は、金利をとってクレジット(信用)によって資金を市場に放出してます。

 

すなわち、クレジットによる金利で利益を得る銀行は、市場経済が広がれば、クレジットの量は拡大しますが、実際の現金は不足します。

理由は、100万円の資金を1年後 金利10%で貸し出せば、110万円の支払いをしなければなりません。すなわち、資金を借りた人は、110万円―100万円=10万円 すなわち、10万円分の資金をどこからか探してこなければ、現金が不足します。市場経済は、クレジットの量が拡大すると同時に、金利を取ることで、現金不足が起こります。

 

それを解消するために生まれたのが、PPP運用です。

 

PPP運用は、不足分の現金を補うため、また、市場経済の拡大でクレジットが拡大するなかで、足らない現金を補うためのうちでの小槌として資金を市場に放出する案件になります。

 

これは、経済の原則です。日本がなぜ借金大国でしょうか?理由は簡単です。銀行のクレジットを利用して多額の貸し出しをおこなっていますが、現金が不足をこの案件を通じて補っていないことが、原因しています。

 

すなわち、企業育成資金は、市場で不足する現金を補うために、東証一部の製造業企業を支援しているのです。製造業を支援するということは、製造業は、ものを作ることで、人はモノとカネを用いて取引をします。取引を促進させれば、同時に市場経済は拡大します。

 

市場経済が拡大するということは、銀行にとっても、市場で資金の必要性があれば、資金の借り入れ(クレジット)が増えます。銀行しては金利で利益を得ることができます。

 

しかし、銀行が金利を取り金貸しをするクレジットだけを増やせば、いずれ、資金の返済時期には現金不足になります。

 

それを補うために、必要な資金注入(現金注入)が通貨発行権であるこの案件になります。

 

すなわち、製造業を支援すれば、市場における取引が活性化して、クレジットが増え、市場における金融及び取引高が増え、経済が発展する。経済が発展して現金不足になるのを解消するために、製造企業への無償での資金投入をすることで、市場におけるクレジットの拡大による現金不足を解消するという資本主義経済の基本的なことを繰り返すために、企業育成資金の案件をおこなっています。

 

経済には、必ず波があるというのは、これは、金融機関は、クレジットによる資金の貸し出しを行いながら、市場経済を広げようとしているので、どうしても低金利であったとしても返済時期には現金不足に落ちいます。

 

日本がなぜデフレなのか、それは、クレジットばかり巨大化して現金不足が解消できていないからです。借金大国になる日本の理由は、簡単にいえば、この企業育成資金という現金不足を解消する案件に、日本の企業経営者の参加がすくないことで、日本はひたすらデフレであることが言えます。

 

この理由が理解できれば、簡単に日本は経済回復ができます。

 

クレジット大国日本でありますが、現金不足(キャッシュ)の日本であるので、デフレ脱却できないのです。

 

ということは、悩まず、本案件に参加するべきだと言いたいです。デフレをつくっているのは、日本の東証一部企業の製造企業の経営者に関係していることが経済の法則を理解すれば簡単にわかるはずです。

 

経済の仕組みをわかりやすく説明している動画です。

参考にしてください。

クレジットとキャッシュと言う関係です。日本は、キャッシュ(現金不足)でデフレ脱却できず、みんな貧しくなってきています。

キャッシュ不足の解消が、経済を豊かにします。 デフレ脱却!

すなわち、企業育成資金の案件に参加することで解消するということです。

 

youtu.be

 

 

MSA総合研究所より