実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

人知れず、人的ネットワークを構成するプロ集団

伝統ある日本の企業の不景気なニュースが流れているのを見て、なぜ、この企業育成資金のことに気付かず、閉鎖していくのだろうかとおもうのである。まさに、この資金は、東証一部企業の製造系企業の代表者なら申請できる資金である。最近は、資本金50億円ほどあれば申請できるようになっている。東証一部100億円以上の企業向けに出される大口の育成資金にように資本金の100倍の資金が提供されないにしても、例えば、東証一部、資本金50億円の製造業企業の場合、資本金の10倍、すなわち、500億円の返還不要な資金が給付される。

資金の財源も政府系育成資金ということになる。

ただ、公的に募集をしていないので、その実態については、省庁窓口で確認できるものではないので、不明に思われるが、中央銀行のPPP運用に関する資金というものは、世界中どの国でも、コンサルタントを経由して、申請するようになっている。コンサルタントは、組織ではない、PPP運用している資金本部と通じるコンサルタントが個人の活動して、募集しているのである。

このような制度でおこなわれていることを知ることが大切である。

この資金について、話をすると、政府も承認に関係しているのであれば、国の偉い人が窓口にいるはずであると思い込んでいる人がいる。また、この制度について知らない無知な人が、でたらめな話を広げている。実際には、PPPに関係するすべては、外には大きな組織をもたないコンサルタントの仕事である。ある意味、影のような存在であるが、日本では看板が大切だと思っている人が多くいるが、実は、看板でない。世界の特殊運用の世界は、個人のネットワークが重要である。

日本でもそのルールは適応する。なぜ、個人のネットワークが重視されるか、それは、存在があるとしても、存在を公的に認められない事情も存在するからである。

一部の人にだけ行う特殊なサービスであるからである。どこで窓口でおこなっているかを明確にすれば、この制度を世の中に公表したことになる。すなわち、通貨発行に関することは、すべてが、偶然の世界で出来上がるように演出されて、物事を動かしているのである。

まさに、人知れず、物事動かす必殺仕事人の世界である。

すなわち、この制度を語れば、都市伝説にようにおもわれるおであるが、中央銀行が関係しておこなわれるPPP運用世界に関係ある組織はすべてが、人的ネットワークで構成されている。

そのことが理解できれば、この制度について、理解が深まってくるだろう。

人知れず、人的ネットワークを形成して、展開できる人物以外、この世界では生きていけない。

そんな世界である。

MSA総合研究所より