実話!企業育成資金:東証プライム資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!歴史的側面から、現在における国際金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!国内外の私募プログラムの紹介を行います。(PPP案件)TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【日本私募プログラム研究会】

日本私募プログラム研究会では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

学校では教えない安全保障の仕組み

日米首脳会議が行われる中で、日米安全保障について確認されています。日米安全保障における資金というのが、企業育成資金:日米安全保障費=20:80 の 割合で分配される資金になります。

ある意味、日米安保における取り決めがあるので、日本には巨額な企業育成資金の財源があるということが言えます。すなわち、財閥系育成資金は、○○京円以上の運用益がPPP運用によって、生み出されています。その資金を日本の東証一部企業(資本金100億円以上)、銀行、信用金庫(預金高 5000億円以上)の企業代表者が育成資金に申請することで動かすことができます。

これが重要なポイントになります。安全保障費における財源が乏しければ、これは、国家にとっては、非常事態です。簡単言えば、財源はあるのですから、ロックしている資金を動かすために、東証一部企業、銀行、信用金庫の代表者は名義を貸してくださいという話です。

これは、表向き国は何も言いませんが、実際に申請があり、安全保障用の財源としてロックしている資金が動けば、安全保障に関係する国の偉い方々も皆喜びます。

なぜならば、安全保障費がなければ、正直困ります。これは、企業経営者の資金提供という意味だけではありません。

国家のために、安全保障費を動かすためのロックを外す役目をするのが、日本の東証一部、銀行、信用金庫の代表権を持った社員の名義になります。

これ、学校では教えてくれない仕組みですから、しっかり知ってほしいです。

この資金が動けば、日本と米国の安全保障に関係する方々は、正直助かります。

よって、日本のトップ層の経営者に言いたいことは、自分のことだけを考えるのでなく、国家の安全保障における資金の仕組みを理解をして、協力することは重要なことです。

自国の安全保障が弱かったら、国家として大変なことになります。

MSA総合研究所より