実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

大口資金を早急に動かしたい理由について解説!

大口案件を早急に動かしたい理由について解説!

 

f:id:shoukan:20210514194709j:plain

大口資金を早急に動かしたい理由

日本における産業支援制度を説明する中で、大口資金を早急に動かしたい理由は存在します。
その一番の理由は、米国管理された日本の企業育成資金の財源は、天文学的数字になっていることが挙げられます。国家予算の数千年分ともいわれる運用益があるといわれる米国管理された日本の企業育成資金の財源ですが、これを動かすには、名義人が必要になります。

名義人というのは、これが、東証一部 資本金100億円以上の企業経営者(代表取締役)ということになります。金融機関では、銀行、信用金庫(預金高5000億円以上)の代表権者の名義人が、この制度に参加すると言えば、米国管理された日本向けの巨額企業育成資金の財源から資金を移動できることになります。

すなわち、この資金を計画的に移動できなければ、国家の台所事情は臨時収入がなく、非常に厳しい事態になるということが言えます。

日本には、日本管理されれた育成資金の財源もありますが、実は、この資金も米国管理された企業育成資金の財源が動いて初めて資金が補充されるために、米国管理された、いわゆる基幹産業といわれる大企業の経営者がこの案件に申請しない限り資金が動かず、財源を確保できないということが言えます。

世間では、小口の育成資金の案件や、また、病院やその他、いろいろ中小企業支援などの話など情報がながれていますが、財源は、日本国内管理された育成資金の財源から捻出してもらえないかと、提案しているケースがありますので、正直、大口の米国管理された資金が動かない限り、小口案件といわれる東証一部 資本金100億円以下の企業への資金提供案件を実施する財源確保が難しいということが言えます。

大口の基幹産業といわれる東証一部 資本金100億円以上の企業代表者や銀行、信用金庫 預金高5000億円以上の企業代表者が本案件に申請するといえば、同時に日本国内の育成資金の財源も拡充されることになるので、通常支援するのが難しい企業への資金提供が可能になります。

よって、本ブログでも資金本部からキャンペーンということで、申請後 3日以内に入金というスピード対応をする案件の提案をしているのは、これは、米国管理された育成資金が財源を動かさない限り、日本の国内向けの基幹産業と言われる企業以外の支援金を作ることができない言えるからです。

よって、米国基金の資金管理本部としては、最小限の手間で米国管理された育成資金の資金を活用してもらうために、作業の簡素化をしています。

正直、税収も上がらない日本のコロナ経済危機の状況下で、財源確保は、米国管理された基幹産業向けの育成資金の財源を動かす以外方法がないからです。

ここまで説明すれば、この制度について随分見えて来たかと思います。
すなわち、オールジャパンで大口育成資金を動かすことが、国家を助けることになるのです!

 

MSA総合研究所より