実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

MSA総合研究所の考え方について!

今日は、日本の赤字体質を改善することを目標にして活動しているMSA総合研究所の考え方について話をしたいと思います。

 

f:id:shoukan:20210519204815j:plain

MSA総合研究所のビジョン

MSA総合研究所は、今から4年前、2018年に発足しました。ブログも2018年から書き始めていますが、その当時、第三の財源と言われる米国からの補助金制度に興味を持ち、この民間移管された資金を活用して日本経済を復興させる社会活動ができないものかと考え、MSA総合研究所を立ち上げました。あれから4年の歳月が過ぎましたが、このブログを通じて、日本全国の方と色々お会いする機会を頂きました。

MSA総合研究所の展望としては、第三の財源と言われる日米安全保障に関する育成資金の財源から資金を大きく捻出をする支援事業を行い日本政府の赤字体質の改善と同時に、資金源の問題で実現難しいといわれる「道州制制度」の実現をこの育成資金の財源を使い、豊かな国家を形成するための支援事業をするために立ち上げたシンクタンクになります。

 

f:id:shoukan:20210519211049j:plain

当初の目標は、日本全国300箇所、日本の小選挙区の区割りされたエリアにすべて支部を立ち上げて、本部と支部を持って日本全国で、育成資金の財源を活用して、産業支援及び社会貢献事業、国土強靭化事業に関する補助金事業などをおこなえる仕組みを構築する仕組みを考えています。今でもその考え方は変わらず継続して、関係者には、その意志を伝えています。

財閥系育成資金などの運用益を聞けば、国家予算の数百年分が、すでに日本に送金済みであり、海外で運用している資金を合わせれば、国家予算の数千年分の運用益が存在しており、条件さえ満たせば動かせる環境が整っているという現実が理解できれば、民間活力で、この資金を動かし、日本の活性化に活用したく考えるのは当然の流れになります。

育成資金に取り組まれている方は、多数いるかと思いますが、私達は、MSA総合研究所は、育成資金を専門的に考えるシンクタンクとしてチームを組んで案件を成功に導くために作業を行っています。

次に目指すべきところは、専門知識をもったMSA総合研究所の研修プログラムによって研修し、育成資金マスターによるコンサルタント育成が重要になると考えています。

やはり、この案件が間違った方向で説明されることをなくすためには、正しい知識をもったコンサルタントの育成が急務と考えています。

よって、日本全国で300人の専門知識を持ったコンサルタントの育成を行うことが、MSA総合研究所の努めだと思っています。

育成資金の申請方法、歴史、そして、アプローチ方法など多岐に渡る知識、そして、共通意識として日本の赤字体質の改善に努力すること、そして、地域活性化のために道州制制度を実現するために財源確保と地方自治体、中小企業などを支援する仕組みを構築する人材育成が必要だと考えています。


MSA総合研究所は、民間活力により日本を盛り上げたい方々と協力して業務を展開していくことを視野に入れ、活動しています。

MSA総合研究所より