【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

第三者に影響されないように保管される。未だ公にされたことのない資金の意味・・・プロの育成資金コンサルタントの養成講座

企業育成資金に関して言えば、安全保障に関する資金になりますので、非常に機密性の高い案件になっています。

大前提にあるのが、「第三者から影響されないように保管をして、資金の移動に関しては、第三者が阻害することができない」というルールがあります。すなわち、どこで、誰が、何をしているのかをわかりやすくすると、第三者から影響を与えられるようになり、場合によっては、阻害される可能性もありますので、はじめから、まったく外部から見えない形で、ごく少数の担当官によって、秘密保持を守りながら案件が進められることになります。よって、公的な窓口を設けず、信用できる人脈のみで人づてに募集をして、人づてに連絡を取り合い、資金投入までの手続きをする規定になっています。

ですから、この育成資金に関しては、日米政府の共同合作事業ではありますが、秘密保護に関する規定により、この制度に関しては、外部から問い合わせても第三者には、何も情報が開示されないということになります。

唯一、申請当事者(東証一部、銀行、信用金庫の代表権者)のみが、直接接触できます。そのときに、初めて全貌が見えてくるかと思いますが、わかることは、本当に日米政府の共同で行っている安全保障上の企業育成資金は、本当にあったんだ。と認識するだけです。確認ができるというだけの話です。

この資金について言えば、マスコミの好きなフレーズ、「この資金について未だ公にされたことがない。」といいますが、それは、当たり前です。

三者に対しては影響されないように保管すると決まった資金であるので、日米政府が公にしたら、第三者から影響されることになります。よって、秘密保護に関する法律も存在しているのですから・・・なかば、このフレーズについて言えば、「ギャク」としか思えない言い回しです。でも、この言葉が、都市伝説マニアにとっては、たまらないのかもしれません。

MSA総合研究所より

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。