実話!企業育成資金:東証一部、銀行の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

一から始めるプロの育成資金コンサルタントのなり方。MSA総合研究所の役割について説明

今回は、1から始めるプロの育成資金コンサルタントの成り方。MSA総合研究所の役割について説明します。

1,まずは、本ブログを熟読して、企業育成資金ついて理解を深めす。これは、自習です。

2,MSA総合研究所の電話番号に電話するかもしくはメールで連絡をする。「プロの育成資金コンサルタントになりたいということ趣旨を伝える」
電話でインタビューする内容は、今までの取り組みと、どのような対象企業との話ができる可能性があるかなど、ヒヤリングします。

メール、電話で連絡を取り合い、質疑応答し、MSA総合研究所がサポートする。連絡と取り合い、双方の理解を深める。人間関係の育成

3,実際に企業育成資金の対象者に対して、案内をする。人脈開拓など、

4,いざ話ができるようになれば、MSA総合研究所に連絡を入れて、アプローチする企業対象者が対象になるかをMSA総合研究所を通じて、資金本部に確認を入れ、仮審査の結果、状況を確認をする。
(仮審査の際に名刺があれば尚可)

5,資金本部からの回答で、問題ないということであれば、対象企業の代表者に育成資金のご案内をする。

6,対象企業の代表者が企業育成資金について、申請することに同意いただければ、MSA総合研究所が面談会場を手配をして面談を実施する
東京都港区内のホテル会議室にて事前説明と面談を実施。面談場所は相談可能。基本は都内での作業になりますが、場合によっては地方出張も相談可。その際に、同時に申請書類を間違いないように記載していただく。
MSA総合研究所の指定ホテル会議室で面談する場合は、費用は、MSA総合研究所の負担でおこなう。
申請者指定の会場の場合は、申請者の負担で会場を決めていただく。

※企業育成資金の申請費用は無料です。

7,国の審査機関において、審査が合格になれば、資金者からの連絡を入れて、資金投入の準備に入る。以後、資金者の対応の作業となる。MSA総合研究所は、資金者のサポータとして作業を行う。連絡業務等

1から7の手順で作業を行います。

※財閥系育成資金を主として作業をおこなっております。
※案件内容によっては、政府系育成資金で行う場合もあります。

その他、コミッション等については、直接当研究所にお問い合わせください。また、独自の説明用資料など用意しています。

MSA総合研究所より