実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

相互安全保障における国際金融制度についての解説 プロの育成資金コンサルタントの養成講座

MSAとは、米国の国内法である相互安全保証法のことをさしていいます。日本では、日米相互防衛援助協定のことを別名MSA協定といいますが、防衛援助ですから、MDA協定が本当は正しいのです。Sは、セキュリティーです。Dは、ディフェンス=防衛になります。(Mutual Defense Assistance Agreement)

MSAについて調べていくと、第二次世界大戦後の世界の復興に対して米国が行った経済支援政策についての法律です。これは、日本だけでなく欧州においても支援を行いました。日本の場合は、MSAとMDAの2つの意味をもった政策を行いました。すなわち、安全保障における経済支援と防衛に関することになります。

よって、米国は日本に対して、駐留米軍基地及び自衛隊基地の建設費及備品購入費における資金、および、安全保障にのうち20%以内で、産業支援のための財源として資金を提供するという規定を決めています。

米国からの経済援助制度については、当時は、相互安全保障庁 (Mutual Security Agency) などが設置され、欧州を始め世界の復興を支援したという歴史があります。その後、USAID(国際開発庁)などが対外支援引き継いだということです。米国政府における非武装に関する経済支援を行っている制度があります。これは、日本に限った話ではありませんが、世界的に何らかの形で支援を行っていることが言えます。

安全保障問題といえば、防衛力強化のみが安全保障支援ではありません。産業の発展を支援することで、雇用の創出、国民に安定した収入を与え、治安維持に繋がりますので、このことも安全保障という観点では、重要な課題になります。

すなわち、企業育成資金の概念には、安全保障問題についての課題解決をするために重要な財源になっていると言えます。

通貨支援をバックアップできるのは、中央銀行における運用システムを活用した資金提供をすることで、借金を伴わない形で資金を市場に提供することができ、国家としての財政の健全化が進むことになります。政府の懐事情も安定し、国家の発展にも寄与できると言えます。

すなわち、企業育成資金について、追求してくと、国家の枠組みにとって非常に重要な案件であることが理解できます。

この企業育成資金の成約件数を増やすことは、そのことで、国家に対する貢献が非常に高いことが言えます。

ある意味、このような重要な案件に対して、巷の都市伝説として放置しておくには、あまりに残念な話です。

学校では教えない仕組みですが、我が国にとって、非常に重要な支援策になることは、言うまでもありません。

実は、米国支援ということで、大なり小なり規模がちがいますが、世界的に支援策を行っています。日本は特に財源となる資金が世界的にも大きいという特徴があります。

それは、中央銀行を通じて行う金融支援策は、日本だけに限った話ではありません。日本以外の国でも常に、中央銀行を使った資金の流通システムによりキャッシュマネー(借金を伴わな資金)を増やす作業を行っています。

世界的に行われていることが、日本では財源があるのに活用できていない現実がありますので、世界に負けないように活用するために、プロの育成資金コンサルタントの養成が急務といえます。

すなわち、あまり表面にはでてきませんが、MSAと言われる相互安全保障における資金の流通は、中央銀行ネットワークをつかって世界的に行われています。

よって、MSA総合研究所ではその事実について理解しておりますので、資金の企業育成資金の活用件数を増やすべきだと話しているわけです。そのことで、日本は大きく飛躍できる機会をえることができます。

MSA総合研究所より