実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上(理想300億円以上)、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説! ★特集:企業育成資金、PPPを理解した筆者が日本企業の力でスリランカ経済支援するブログ【自由で開かれたインド太平洋構想】

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

世界救済をするために還流する巨額マネーについて ー プロの育成資金コンサルタントの養成講座

米国の友好国に向けての支援策、すなわち、国家の債務を償還するために米国が友好国に対して行っている支援策については、それは、中央銀行間で送金、いわゆる WIRE CASH Transfer という転送送金をする案件があります。プライマリーバンクより送金された資金を各国の中央銀行に送金をして、一部を中継した国の中央銀行に資金を残し、再度、欧州のプライマリーバンクに送金をして運用して、資金を増やすという送金と運用を繰り返し、資金の分配する仕組みがあります。

これは、世界的に行われている国家の債務救済モデルになります。

日本の場合には、世界的に行われている「WIRE CASH Transfer」の案件以外に第二次世界大戦後に日本を専門的に支援するために作った財源もあります。これは、東証一部 資本金100億円以上と言われる大口案件と言われる案件になります。

世界的に行われている支援策の資金については、72時間以内のWIRE CASH Transfer を行う資金提供が行わているとのことです。

財源に関しては、プライマリーバンク(準備銀行)から送金して中央銀行を経由して一部の資金を中継国に保管して、再度プライマリーバンクに送金をしてPPP運用するモデル、運用と分配を繰り返す手法で資金を還流しながら増やす方法が用いられているとのことです。

特殊ジャンルの国際金融コンサルタントの間では、よく話題に出る話になります。

この特殊送金の案件は、各国の大統領側近など、国家のリーダー側近の国際金融コンサルタントがこのような資金の案件に関わっています。

いずれにしろ、政府の救済モデルに関しては、政府の公的立場の人物が直接関与することができませんが、国家のリーダーである側近のコンサルタントがこのような送金モデルの仕事を行っています。これは、世界的に言えることです。
その世界を還流している資金の原資については、一説には、皇室系マネーという噂もありますが、公にはされていません、

国際金融の特殊な世界にを覗き込めば、本当に、一般人が絶対に知り得ることがないような世界が展開されています。ある意味、魅惑的な世界といえます。

よって、特殊送金、巨額資金といえば、一般人から見れば、映画の世界や、なんだか非現実的で信じられない世界に感じるのですが、ある意味、資金は、信用創造によって作られるのですから、数字はいくら巨大になっても、何らかの裏付けを作れば作ることができるのです。そんな特殊巨額マネーが世界を回っているのです。

そのような世界も存在することも知ることも大切です。

MSA総合研究所より