実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

『代表者利益の配当』というイメージ戦略が重要!-プロの育成資金コンサルタントの養成講座

育成資金の制度について、説明するには、単純明快は説明方法は、

「国家の機密費から、東証一部資本金100億円以上、銀行、信用金庫に所属されている企業代表権者は、『代表者利益の配当』がもらえる」

というのが単純でいいのかと思います。

よって、イメージ戦略的に言えば、

起業家は、東証一部にIPO(上場)をはたせば、『創業者利益』を得る。

東証一部資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高5000億円以上の企業代表者になれれば『代表者利益の配当』がある!

これが、ビジネスマンの成功のモデルであるというイメージ戦略です。


当然、「代表者利益」ですから、個人の利益です。

企業育成資金というイメージを前に押し出しすぎると、これは、法人へいただける資金というイメージになります。


それは、あまりよくないように思います。

仕事頑張って、国が認める大企業の代表取締役になれば、国家の機密費から『代表者利益』の配当が、極秘裏に社長一人にもらえます。社内で一人だけもらえるものですから、同僚の代表取締役に言わないでください。
いわれると、競争になります。

これは、1企業に対して、1名の代表取締役にいただける『代表者利益の配当』になります!

資金は、個人で極秘で管理してください。多くの方は、家族管理で財団などを作って資金管理を行っています。

という説明でいいかと思います。

『代表者利益』というのは、国家の機密費からでる資金ですから、よくそこまで企業人として努力したということを称賛して、支給される資金です。

理想としては、企業育成をすることを前提としていますが、今、企業育成資金も財源が巨額になったことで、代表者利益の配当として資金を動かせば、国も、安全保障費としての利益配当がありますので、助かるわけです。同時に、この案件を主催している方や、仲介者にも業務委託に関する配当金がもらえるわけです。すなわち、案件が動けば、関係者がうれしいのです。

社会性のある活動を前に押し出して、話をすることで、ストレスになるといわれるのでしたら、まずは、「代表者利益」の配当を受け取り、その後、何をするかご自身の判断で考えればいいのです。何もしたくなければ、何もしなくてもいいですし、何か社会のためにするなら、何かすればいいです。

説明トークの方法としては・・・

**************

一番、今問題になっているのが、日本銀行に保管している安全保障費における資金を動かさないまま保管していることです。

すなわち、社長であるあなたが「代表者利益の配当」を1兆円いただいたとすると、国は、安全保障費の配当として4兆円いただきます。それを日米両政府で折半して分配します。

すなわち、あなた(社長)が受け取った代表者利益の配当金の4倍が日米両政府の安全保障費として配当金になるわけです。あなた個人的に価値がありますし、同時に国家にとっても価値がある案件です。

この資金を管理している資金本部としては、財源はすでに数京円の財源を日本に保管していますが、ほとんど予算を使わず資金が残っている状況です。

申請費用は無料で、「代表者利益の配当」を受け取ることができます。

代表者利益の配当ですから、社長個人の資産になりますので、家族管理する財団などをつくり将来にわたり資金管理を行ってください。

最後に、この資金の使用用途は自由に決められますが、理想としては社会のために還元するために活用ください。

****************

このトークなら、納得できるでしょう。

すなわち、これは、完全に社長にとっては、個人的な代表者利益の配当であり、国家にとっては、安全保障費としての配当になるわけです。


資金はすでに、資金本部が日銀に保管している財源があるのですから、配当金を動かさないで放置していても全く意味がありません。もともと配当する目的で海外運用して、日本に送ってきた資金があるのですから

財閥系育成資金は、正直驚くほど財源があります。
実際のところを言えば、資金提供者と身近な経営者に対して資金を動かしていますが、資金が十分あるために、日本全国の基準を満たした企業経営者に対して配当金を動かしたいのは事実です。

だれでもわかると思いますが、主催者の近くで話しやすい経営者は、すでにこの資金を活用しています。これからの課題は、資金本部とまったく縁のなかった基準を満たした経営者にどのようにして活用していただくかという課題です。

友達だったら、説明は難しくないのです。しかし、まったく知らなった人に、あなたが巨額な資金を受け取れる対象ですと伝えたら、

「それは、でたらめでしょう。そんな浮世離れした話など存在するのか?私は信じられない。」

というのは、普通の回答です。

主催者側からいえば、「こんな巨額な送金データーがあるのに、この資金の配当金として動かさないで銀行に放置していても意味ないなぁ。」と毎日思っています。

そのギャップをどう埋めるか、それが課題なんです。多分、数千万とか、数億円ならご褒美で個人的にいただけるというのは、理解できるかもしれませんが、数兆円といわれると、なんですか?それ! と言いたくなるのはわかります。

アメリカ合衆国FRBに運用を任せていたら、数十京円という規模までしらないうちに運用益が大きくなっていたのですから、資金管理を任されている方も驚いたということですが、毎日、送金データーの残高証明を見ていると慣れてくるので、今は、この資金をどうにか動かさなればということを思っています。

すなわち、対象になる企業の社長のための「代表者利益としての配当金」としての使用用途に限定されているので、だれも、関係者は直接その資金を動かすことができません。

だから、毎日、管理者から声が上がるのです。「この資金、早く配当だしたいです。日本に数京円あり、FRBでまだ運用している資金は、その何十倍もあるのですから、塩漬けしていても意味がないです」という話になるわけです。

今日も、元気に「代表者利益の配当金」を配る仕事を行いましょう。

お金配りおじさんということをキャッチフレーズに頑張っている方をメディアで見ますが、こちらの資金は、国家を代表して「お金配りおじさん」として活動しています。

「代表者利益の配当」 これのイメージを頭に叩き込んでください。

MSA総合研究所より