実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

元祖、お金配りビジネスを展開中、代表者利益の配当は、個人資産の形成をサポートするビジネスモデルです。ープロの育成資金コンサルタントの養成講座

「代表者利益の配当」を促進させるために、日々、MSA総合研究所は、情報発信をしています。企業育成資金という名称ですが、ほんとうは、代表権をもった方が個人的な資産の強化のために、与えられる「代表者利益の配当」になります。これは、まずは自分自身のため、家族のために資産形成をしてください。これは、あくまでも個人資産ですから、家族の資産になります。将来に渡り、子供、孫の代まで引き続くことが可能な財産になります。


さて、代表者利益の配当金を如何に、日本全国にいる多くの条件を満たした経営者に配当するか、頭を悩ましています。

その理由は、特に金融機関では、申し合わせがあるからです。「もし、企業育成資金の話を来たら、相手にしない。場合には、通報するという話を聞いたことがあります。。ひどい話ですよね。」

筆者の親族がそのような立場の方がいますので、過去に言われたことがあります。この制度について、あまりに理解されていません。ただ、この案件の説明者だと言って、悪いことをしている人たちがいるのは事実です。ですから、すべてをシャットダウンしてしまうという選択がリスク回避ということかも知れませんが、真面目に、代表者利益の配当金を配る仕事をしている方も多くいます。(企業育成資金)

よって、そのイメージを良くするために活動をしています。なんのために、理由は、案件が動けば、関係する仲間みんな利益が出るからです。
申請者の方、資金本部、政府、そして、この案件を仲介するコンサルタントの方、すべての利益として配当されるからです。
ここを見れば、すべて個人の利益に繋がります。

個人の利益追求は、全く悪い話ではありません。

MSA総合研究所は、企業育成資金の案件について、詳細と実態を調査した上で、どのような問題が発生しており、それに対して、どのように対応すれば、成約件数が増やせるかを研究しています。
当然、MSA総合研究所としての利益も案件成立すれば、利益になります。すなわち、代表者利益の配当金を配る仕事は、情報を伝えたみんなが幸福になる可能性を秘めた仕事であると言えるのです。

もうすでに、資金本部には、有り余るくらいの代表者利益の配当金が準備できているわけです。あとは、どのように配るかです。

我々は、元祖、お金配りビジネスを展開していると言えます。

代表者利益の配当金は、個人資産です。すべてが、個人の通帳間で資金のやり取りを行うものです。

MSA総合研究所より