【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

国際的特殊金融の世界を理解をするには国際金融組織の名前だけではわからない運用チームがあるということを理解しなければいけません

企業育成資金について考える上で重要なポイントは特殊な金融制度について知らなければいけないということです。

これは中央銀行に関係する PPP 運用いわゆる Private placement program と言われる運用ですがこれは銀行券における中期割引債の売買によるトレードということになっています。

これは1930年代、国際決済銀行が設立した当時から市場でどのようにして資金が調達するかという風なことを考えていた時に考案された手法です。

その精度を考案したのはケインズを中心とする金融学者によって生み出されました。

この制度は現在でも行われておりますがこの育成資金の運用に関してもこの PPP というものを用いられています。

PPP について詳しい方は理解できると思いますが1年間を通して運用すれば10倍以上のリターンが返ってくると言う非常に効率の良い運用です。

しかもこれは銀行に資金を預けておいてその残高をベースに運用しますので絶対に資金は目減りしません。

よってこの運用は非常に効率の良い運用です。

これは中央銀行に関係して運用はしていますが中央銀行の職員がやっているわけではありません。

例えばどこかの中央銀行の職員を知っているから、この件について聞いてみれば、我々は関与していないと言われるでしょう。

すなわち、この件は中央銀行の仕組みは活用しますが、別の組織として運用チームがあるということになります。

日本にある中央銀行は、日本銀行ですが、こちらは ppp の運用はおこなっていません。

日本銀行の仕事としては基本的には銀行及び信用金庫に口座を作り資金の貸し出しを行っています。

よって、これは通常の銀行業務です。

それではなぜ企業育成資金では中央銀行を使っていますが無償で資金が提供できるのでしょうか。

これは中央銀行の銀行本体とは、別枠で銀行券を借金を伴わない形で発行する運用組織があるということになります。

そちらに関係する資格を持ったトレーダーがこの PPP を活用して資金は作っています。

この件で、私は中央銀行、日本における日本銀行の方を知っているから、その人に聞けばわかるだろうと思ってると思いますが、普通に話を聞けば銀行は金貸し以外は行なっていないと言われます。

よって PPP の運用チームというものは中央銀行の仕組みは活用していますがまた別物です。

そのことを理解をして話をしなければそんなものはないという風に言われてしまいます。

実はこの PPP 運用に関するトレーダーチームというものが非常に極秘で行われてることになります。

そこの部分が非公開になっているということを理解すればこの制度については理解ができると思います。

すなわち借金を伴わない形で資金を作ることができるというものはこの PPP 運用をするとレーダーチームに関係しているからです。


日本の企業育成資金に関しても、そのような運用を用いて資金を作っていますので資金を作る部分、資金を出す部分に関しては非公開で行われているということになります。

ですから、いろいろ世界的な金融組織の名前は出てきますがごく一部の PPP 運用の資格を持ったトレーダーによって行われている財源作りの案件です。

このことが頭の中で整理がつければ企業育成資金の財源についてもイメージが湧くかと思います。

MSA 総合研究所より

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。