実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

国際的特殊金融の世界を理解をするには国際金融組織の名前だけではわからない運用チームがあるということを理解しなければいけません

企業育成資金について考える上で重要なポイントは特殊な金融制度について知らなければいけないということです。

これは中央銀行に関係する PPP 運用いわゆる Private placement program と言われる運用ですがこれは銀行券における中期割引債の売買によるトレードということになっています。

これは1930年代、国際決済銀行が設立した当時から市場でどのようにして資金が調達するかという風なことを考えていた時に考案された手法です。

その精度を考案したのはケインズを中心とする金融学者によって生み出されました。

この制度は現在でも行われておりますがこの育成資金の運用に関してもこの PPP というものを用いられています。

PPP について詳しい方は理解できると思いますが1年間を通して運用すれば10倍以上のリターンが返ってくると言う非常に効率の良い運用です。

しかもこれは銀行に資金を預けておいてその残高をベースに運用しますので絶対に資金は目減りしません。

よってこの運用は非常に効率の良い運用です。

これは中央銀行に関係して運用はしていますが中央銀行の職員がやっているわけではありません。

例えばどこかの中央銀行の職員を知っているから、この件について聞いてみれば、我々は関与していないと言われるでしょう。

すなわち、この件は中央銀行の仕組みは活用しますが、別の組織として運用チームがあるということになります。

日本にある中央銀行は、日本銀行ですが、こちらは ppp の運用はおこなっていません。

日本銀行の仕事としては基本的には銀行及び信用金庫に口座を作り資金の貸し出しを行っています。

よって、これは通常の銀行業務です。

それではなぜ企業育成資金では中央銀行を使っていますが無償で資金が提供できるのでしょうか。

これは中央銀行の銀行本体とは、別枠で銀行券を借金を伴わない形で発行する運用組織があるということになります。

そちらに関係する資格を持ったトレーダーがこの PPP を活用して資金は作っています。

この件で、私は中央銀行、日本における日本銀行の方を知っているから、その人に聞けばわかるだろうと思ってると思いますが、普通に話を聞けば銀行は金貸し以外は行なっていないと言われます。

よって PPP の運用チームというものは中央銀行の仕組みは活用していますがまた別物です。

そのことを理解をして話をしなければそんなものはないという風に言われてしまいます。

実はこの PPP 運用に関するトレーダーチームというものが非常に極秘で行われてることになります。

そこの部分が非公開になっているということを理解すればこの制度については理解ができると思います。

すなわち借金を伴わない形で資金を作ることができるというものはこの PPP 運用をするとレーダーチームに関係しているからです。


日本の企業育成資金に関しても、そのような運用を用いて資金を作っていますので資金を作る部分、資金を出す部分に関しては非公開で行われているということになります。

ですから、いろいろ世界的な金融組織の名前は出てきますがごく一部の PPP 運用の資格を持ったトレーダーによって行われている財源作りの案件です。

このことが頭の中で整理がつければ企業育成資金の財源についてもイメージが湧くかと思います。

MSA 総合研究所より