実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

育成資金を動かし、自己の夢を実現する。まちおこし!

最近は、育成資金を当研究所経由で頑張っている方からの声で、この資金を動かした暁には、地元のまちおこしをしたいという声をよく聞きます。

地方都市、特に人口減少している地域や、高齢化して産業のない町は、よほどのなにかがなければ、財源がなくまちおこしも出来ません。

そんななかで、この育成資金の話を聞いて、地元のゆかりのある企業代表者にお願いして、是非、地元に貢献する事業を行いたいと言う方が何人もいます。

これは、非常にいいことです。特に、育成資金は、金額も大きいですから地方都市でこの資金を使うとインパクトが大きい事業を展開することができます。

大都市東京ですと、土地も高いのですから、1兆円はすごい金額ですが、山手線の主要駅の駅前開発だけでも数兆円の予算を組んで行うことがありますので、土地の値段が高い地域では、一部のインパクトですが、地方都市であるなら、おどろくようなことができます。

この資金を活用して、おどろくような大事業を展開してみたいという人は、この案件に参加することは価値があります。

すなわち、先行投資0円で、もし、あなたに人脈があり、地元の銀行や信用金庫の代取、もしくは、東証一部の資本金100億円以上の代表者を知っていれば、その人に育成資金について話、育成資金を申請して事業費として一部を寄付していただければ、それで大きな資金を手に入れることができます。

資金の申請も無料です。ただ、ちょっとした申請書類を書いて、入金になれば、都内に来て精算作業をするだけです。

実は、ものすごく美味しい資金調達の案件になります。

それをMSA総合研究所はサポートしています。

話は、簡単ですよね。

MSA総合研究所より