実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

申請方法は、至ってシンプルな話です。

筆者は、個人的に歴史の話や、金融の話が好きですから、かなりマニアックなところまで育成資金について説明しています。正直、そんな難しいことを知らなくても、ただ、このような資金の財源があり、育成資金を申請すれば、巨額な資金を配当としていただけるということを知っていればいいだけです。

いつもの標語ですが、

東証一部の資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高5000億円以上の企業代表者に出る配当金」です。

すでに、その配当する財源は、日本銀行に資金データーとして保管されています。申請していただければ、指定の都市銀行の口座に振込します。という制度です。

もう一度いいますが、いまから資金調達するような話でなく、財源が日銀にすでにあります。育成資金の財源は! 配当するために待っているのです。

実は、非常にシンプルです。MSA総合研究所は、その資金を動かすためのサポートしていますという話をしているのです。これは、非常にシンプルな話です。すなわち、書類の書き方から始まり、手続きに至るまで、MSA総合研究所がサポートして行います。申請をして国の方で、審査の結果が出て、合格になれば、次は資金者との直接やり取りになります。
資金者とのやり取りというのは、いつ入金をするか、などの資金の受け渡しの打ち合わせを電話を通じてまずは、行います。入金日が確定すれば、都内で精算手続きをすれば、この案件は終了です。

非常に簡単な話です。

1,MSA総合研究所に連絡する
2,申請者に申請書類を書いていただく
3,国の審査を通す⇒合格になれば(免税、免責、免訴、資金の移動許可、資金の使用許可)
4,資金者と電話対応する。
5,入金日に都内で精算作業をする。
6,仲介者の資金精算をすれば、仲介手数料は、配当されます。
7,解散!

という順序で作業をするだけです。
難しい話は全くありません。

※申請費用は、無料です。資金がご本人に入るまで一切金銭の要求はありません。資金が入金後には、精算作業があります。

 

MSA総合研究所より