実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

育成資金の仕組みを理解すれば、日本の果たすべき役割の重要性に気付く ー プロの育成資金コンサルタントの養成講座

戦後、にほんの大企業経営者に返還不要で、大型の資金が無償提供され続けている育成資金についての言えば、日本が第二次世界大戦で敗戦し、日本の旧体制の資産が、敵性資産として米国に接収された、その後、返還運動が起こったが、現物の返還はなかったが、米国の司法長官の管理資産としてイングランド銀行に信託をして、資金を運用して、運用された現金を米国が日本の工業の発展のために贈与(プレゼント)したものである。

資金に関しては、PPP運用された資金であり、巨額の運用益を生み出している。また、その資金は、イングランド銀行のトラスト(信託)により運用され、その運用益の一部は、すでに日本に送金済みであり、日本銀行に資金でターターは、保管済みである。その額は、数京円という単位になっている。

米国からの贈与金(プレゼント)は、全て日本銀行に保管されているが、日本銀行は、中央銀行であるので、経営者の入金用の銀行口座はつくれないために、日本の都市銀行を通して資金を出している。これは、30年ほど前まであった償還制度といわれた時代に管理していた都市銀行と、現在管理している都市銀行は、変わっている。これも主催者である米国からの指示によるものであるが、その大きな利権がからんでいることから、一部では、この資金の取り扱いにめぐり、新旧体制のなかで、障壁が生まれていると言われている。

すなわち、この資金は、政府予算を遥かに上回り、同時に、この資金の管理銀行になることは、大きな資金を取り扱えることになります。この育成資金の財源は、米国政府からプレゼトとして日本銀行に日本の工業の発展のために資金を送金されています。管理者、資金本部といわれるこの資金を日本側で取り扱っているのは、日本の中央省庁ではなく、民間の業務担当者が行っています。しかし、この資金の制度は、日米安全保障における管理資産という位置づけですから、日本のために資金を保管していますが、これは、日本政府が保管しているものではありません。

すなわち、日米両国が日本の安全保障を担当しているために、日米共同体によって管理されている資金ということになります。

よって、この資金についての問題が生じれば、日米共同体における安全保障部門が関係してきます。

管理に対しても、日米共同体によって行われています。

日本の国家は、日本は、一国二制度によって成り立っている国家であると以前のブログでも説明しています。

すなわち、日本政府と日米共同体です。日本政府は、三権分立、司法、立法、行政については、日本政府が担当して、 国防、安全保証、外交などに関しては、日米共同体によって行われているということになります。

すなわち、この育成資金の財源は、日本工業を発展するために援助するということと同時に日米両政府、日米共同体にとって必要な財源も確保するということになります。

このように場合分けして説明すれば、この制度について理解が出来てくるかと思います。

第二次世界大戦というものが、最終的には、世界の金融統一を進めたということが言えます。ドルを基軸通貨とした自由貿易をする世界を形成するということになります。また、世界の中央銀行のネットワークの連携を強化して、国際決済業務についてのルールを決めていったということが言えます。

日本は、連邦準備制度における裏付けになる財源であるゴールドを連邦準備銀行に大量に提供したことで、見返り金として、巨額の現金が運用されて日本に送られています。

その資金は、日本の国家を支える財源にはなっていますが、この制度についての理解がされていないことで、実際には、日本銀行に多額に米国から見返り金としてプレゼントされた資金が巨額に送金済みになっていますが、受取人である企業代表者が取りに来ていないという状況が続いています。

現在、数京円という資金データーが送金済みですが、その資金が平成17年頃に送金されていますが、それ以後、15年以上の歳月が過ぎていますが、1%も使えていません。すなわち、この財源は、日本の産業発展のために米国よりプレゼントされた資金については、99%以上、日本銀行に保管されているだけで、実際に市場に資金が流通せずに、残高だけが存在しているということになります。

それでは、まったく意味がありません。
よって、この状況を改善するために、育成資金とは一体どんな資金であるのかをお伝えすることで、活用件数を増やそうとしているのです。

ここに書いていることは、事実であるので、その日本人の多くが知らされていないこの日本の産業支援構造について理解をして、関係者がこの制度を活用して、コロナショックで大変な状況を乗り切りましょう。

そのことをMSA総合研究所は訴えています。

あと数日で、7月になります。今年も半分が過ぎました。この資金を管理している資金本部は、財閥系育成資金の資金本部となりますが、実際には、ほとんど資金が活用出来ていない状況が続いておりこの状況を改善するために常に資金を出しやすくするようにサービスを提供しています。

MSA総合研究所でもその業務のサポートを行っています。
目の前に、巨額な残高があるのに、使わず放置しているのは。非常にもったいない話です。
それと、学校では教えない国際金融の仕組みですが、世界の中央銀行の頂点というのは、完全にピラミッド構造になっています。その頂点に位置するのが、第2次世界大戦時に世界中から集められた金融資産をベースにトラストされている財源になります。

すなわち、世界中の金融資産を一括管理する仕組みを作り、連邦準備鮮度によって管理されており、その一括管理されている巨額資産が、世界の金融の頂点であるといえます。これは、世界の金融におけるピラミッド構造における頂点です。

世界中の金融資産を一括管理することで、この世界の中央銀行が通過を発行出来ていると言えます。これは、都市伝説ではなく、そのような金融構造をているのです。

そのピラミッドの頂点で一括管理されている日本名義の金融資産は、世界全体の59%を占めると言われれています。すなわち、なぜ、日本には巨額資金がイングランド銀行のトラストにより運用され、日本銀行に送金されているのかと言えば、この財源があるからです。

この財源を動かすことで、世界を貧困という世界から開放することができます。それの恩恵をもっとも享受できるのが、日本ということになります。

その事実を知ることが、重要かと思います。
育成資金の制度について、長年、説明をしていますが、国際金融の本当の姿を知れば、日本が果たす役割が重要であることに気付くでしょう。

MSA総合研究所より