【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

「失われた30年」と言われる日本の経済停滞の原因を解決する方法は、至って簡単です。それについて解説!

筆者の課題は、「失われた30年と言われる時代の終局を迎える」ということをテーマに活動しています。失われた30年は何故行ったのかということを研究した結果、結論は、「育成資金が、反日勢力によって邪魔をされて、資金が動かなくなった」という理由だけです。

ここでは、反日勢力といわれる悪質者の邪魔によって、育成資金の制度をマイナスイメージを叩きつける行動をしていることが、資金が動かなくなった原因です。

業界では有名な話ですが、一般の方は、その事実について全く知りませんので、育成資金の話、巨額な資金が大企業経営者に提供される。という話が聞けば、それは、「詐称です!」と言いたがるのですが、反日勢力による活動の結果、みごとに、詐称ですと日本全国に与えたネガティブキャンペーンが成功しているのです。ここで、令和の時代は、黙っていても仕方ないので、巻き返しのキャンペーンを行う以外ないということで、ブログで書いています。現在このブログも20万アクセスに近づいています。よって、日本全国で育成資金について興味を持っている人は、「何だ!育成資金って、こんな歴史があり、こんな制度なんだ」と多くの人が気付いたと思います。

何度もいいますが、サンフランシスコ講和条約を調印する条件として日本の旧体制の資産放棄が条件であったこと、その資産をイングランド銀行で運用してその資金を日本銀行に送金して、日本の工業や産業支援のために資金提供する給付金制度です。

日本の旧体制というのは、皇室や旧財閥などの名家を指します。

すなわち、日本の旧体制の名家には、資産は直接返還されませんでしたが、その関係者の家系が資金提供をする業務をおこなっています。

日本にはオーナーがいるというのは、旧体制の資産放棄をすることで、サンフランシスコ講話条約で日本はGHQの占領下から国土回復ができましたので、国土を買い戻したことになります。すなわち、それを支払ったオーナーがいることになります。日本政府は、オーナーより国土を借り受けてそれによる税収によって財源を確保しています。それ以外にも、産業支援用に運用されてオーナーより資金提供される育成資金の一部は、日本政府の財源にもなっていますので、日本政府は、資金オーナーによって財源が支えられていると言えます。

国民の税金によって、国家が支えられていると多くの国民が信じていますが、国民が生活している国土、また、政府から全国に流通している資金に関しては、これはすべて中央銀行から出された資金になります。日本の中央銀行は、オーナーが提供した資産によって、担保されているために、日本の経済システムは、戦後の日本の経済システムは、資金オーナーの支援による部分が相当大きいと言えます。

この事実については、ほとんどの国民知ることもなく、日本の経済がなぜ30年以上停滞しているのか?という疑問だけが広がっています。世界全体で言えば、経済規模は拡大しています。

日本は、先進国になり、頭打ちになったということを思っている経済学者の言葉を信じている人が多くいると思います。

しかし、答えは違います。反日勢力による日本の資金オーナーが資金を提供することを邪魔をされているからです。すなわち、M資金詐欺事件を起こす人たちのことを指します。意図的な反日勢力とも言えます。

そのことを知らないマスコミは、宣伝活動をしています。大企業の企業経営者に提供する資金は、危ないという宣伝活動、そのような記事を書く人や、それを助長する人たちは、反日勢力影響をもろに受けています。

いずれにしろ、そのようなことを論じていても仕方ありませんが、『失われた30年を解決する方法」 簡単です。

それは、「日本の資金オーナーの育成資金の資金提供の案件に協力する」ことです。

正直、日本経済は、日本の資金オーナーの作業に協力しない限り、借金国家と貧困への道への問題解決には繋がりません。

答えは、単純です。

MSA総合研究所より

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。