実話!企業育成資金:東証一部、銀行・信用金庫・病院の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

育成資金に関する金融史を知ることは、近代日本の大きな歩を理解することになる。

育成資金についての話を、書き始めて4年の歳月が過ぎ、このブログをはじめからすべて印刷して保管していただいているという方からの話では、もうすでに、19冊目になったということです。

筆者もここまでよく育成資金についての話を書いたなぁと思います。育成資金を、如何に普及させるかということを考えて書いています。

特殊金融の世界、サンフランシスコ講和条約で日本の旧体制が接収された財産をイングランド銀行に信託して、PPP運用して日本の工業支援のために財源を活用した話、

金本位制度における中央銀行の歴史、連邦準備制度においては、スイスの国際決済銀行から米国の連邦準備銀行に移行して行く歴史、すなわち、世界の金融覇権を米国が取りたかったために、ブレドンウッズ体制下で、世界の金を集めて、金ドル本位制度を構築した歴史、現在における信用創造における資金の作り方に変わっていた話、ニクソンショックなど、イングランド銀行第二次世界大戦時に敗戦国などから集められたゴールドが如何にイングランド銀行に信託されていったか?

日本の国土復帰に対して、日本が支払った代償とは、それは、旧体制の資産、皇室や財閥などの資産が接収されて、資産放棄をした歴史、国土回復後、日本が歩んだ道のり、米国から戦後復興期から見返り資金として援助金を頂いた歴史、1ドル=360円なった際の歴史的な話、日本銀行が通貨を国内でもどんどん発行して、米国からの見返り金としても通貨をどんどんはっこうしたことで、戦後復興期にハイパーインフレになった歴史、すなわち、ドッジラインが言った「竹馬政策」についての話など、また、大政奉還から明治時代、そして、ブロック経済の発展、交易の発展のために金、銀の流出の話など、明治維新以降、そして、第一次世界大戦後の日本金融(中央銀行における)の歩み、そして、第二次世界大戦で失った日本の金融資産の見返りで生まれた工業援助の制度などなど、

このブログでは、育成資金に関する歴史的な話。また、現在における育成資金がどのようにして、発展してきたか?また、現在、育成資金の成約件数が少ない理由は、それに対する反対勢力がある話、朝鮮戦争後の日本において近隣の共産化に対応するために、資本主義を発展させるために工業支援制度を米国主導で作った歴史、日米安全保障条約における金融制度における歴史、その他、いろいろこのブログでは紹介してきました。

さて、筆者も、このブログを執筆するにあたり、関係者からヒヤリングをしながら、歴史的資料も調べて適合性を見ならが、本ブログを作成しました。育成資金に特化したブログとしては、随分価値のあるブログに仕上がったと思います。

日本全国に多くの読者がいますので、日々、新しい情報を仕入れては、ブログで書いています。育成資金といわれる戦後の亡霊のような資金について、話をすれば、未だに、この資金を「M資金と言われ」次の反応は、詐欺的要素のある話と世間では、洗脳されていますが、その理由も、ブログでも説明しています。すなわち、この資金に対する反対派、すなわち、共産主義者から見れば、この資本主義の発展のための資金については、よろしくないと思っている組織も存在し、戦争という歴史のなかで、日米共同体の管理している育成資金について反対勢力が存在していることになります。

すなわち、この資金のことを悪影響が出る話が広めれば、目的を達成できる組織も存在しているのです。すなわち、これは、安全保障費であり、資本主義社会の発展のために、そして、日米共同体における管理資金であるということに対する抵抗勢力の存在など、非常に奥深い世界があります。

いずれにしろ、桁外れに大きな資金が動く制度でありますので、それに対して、人はそれぞれの考えを持って動いていることになります。

そのことをについて論じても仕方ありませんが、MSA総合研究所では、資本主義社会の発展のために、育成資金を動かすことを支援するために、当ブログで正しい目線でこの資金の情報を提示しています。

あとは、この情報を知った読者の皆様がどのように動くかはそれぞれの人の判断になります。

MSA総合研究所より