実話!企業育成資金:東証一部、銀行・信用金庫・病院の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

戦後日本の本当の歴史について教育がなかったのことが、日本の衰退を促進させている。

育成資金についての話について真剣に調べれば調べるほど、日本国の構造というものが理解できていきます。日本には、サンフランシスコ講和条約の際に国土復帰をする際に、巨額な資産を放棄して国土回復をした日本の旧体制、すなわち、皇室及び財閥等の組織が存在します。この資金をまもっているのが、日米共同体という書き方をしていますが。日本の安全保障は、米国の主導によって行われています。すなわち、日本の安全保障を守っている日米共同体とは、日本の国土を守っているということであり、それは、まさに国体を守っていることになります。すなわち、日本の安全保障を守っている組織は、日米共同体は、国体派といえます。国体派は、すなわち天皇派になります。これは、日本政府とは違いまう。日本政府は、日米共同体の国体を守る天皇派の国土を借りて、国民サービスをするのが、日本政府であることが言えます。そのことを最近の官僚や政治家が戦後の安全保障問題に対する教育で、色々隠された昭和史のなかで、教育されていたないことで、日本国とはどういう成り立ちで出来ているのかを知らずに、勝手な行動から不祥事を起こすようになっています。

日本の国土は、日本政府のものではありません。日本の国体を守っている天皇派のものであり、それを守っているのが、日米共同体の安全保障を行う部門ということになります。

すなわち、育成資金の財源というのは、国体を守る天皇派(日米共同体)が管理している資金であります。日本政府は、借金で成り立っていますが、それを裏で国民には見えない形で支えているのは、国体を守っている日米共同体(天皇派)ということになります。

これは、育成資金について深く研究すれば、その事実が見えてきます。筆者も、育成資金について真剣に研究をすることがなければ、この事実を知ることがなかったでしょう。しかし、このタイミンにこの資金のことを研究し、今の事実について理解できたことは意味があったのかと思います、
すなわち、政府批判をここでする気はありませんが、官僚にしても、政治家にしても、最近ニュースで見る報道を見れば、一体この国がどうなっているのか?と疑うような対応をしているように感じて仕方ないです。

また、サンフランシスコ講和条約での国土復帰をした際の天皇派が巨額な資産放棄をして日本の国土を回復下という事実は、それは、ある意味、日本の大家さん(オーナー)です。そのオーナーの土地を借りて、サブリースして、収入を得ているのは、日本政府ということになりますので、オーナーである天皇派に対して失礼な話が多いような気がします。

国の中心にいる立場の方は、戦後日本の日本の成り立ちについて真剣に勉強した方がいいかと思います。
たしかに、戦争という理由で、国体を守ることは、日米共同体によっておこなうようになりました。しかし、日米共同体は、日本の国体を守る資産を関しることで、日本の国家を支える巨額な財源を確保しているのです。

しかし、財務省のホームページには、その資金に関係ある話で、非常に否定的なことを書いています。普通なら失礼極まりないといいたいところですが、この資金に対して公開しないとなっているので、黙っているのですが、いろいろ昨今の状況を見ていると、目に余る対応があると言えます。

日本の戦後教育で隠されていた部分について、もう一度、真剣に知ることが重要です。日本政府だけでは、正直日本経済の復帰は不可能です。日本国を支える日米共同体(天皇派)の支援なくして、日本経済を再建出来ない状況になっていますので、そのことをそろそろ国民も知る必要性があります。サンフランシスコ講和条約を結び、日本の国土回復から70年の歳月が過ぎましたので、そろそろ、日本人は、本当の日本の仕組みに気付くべきでしょう。
日本国イコール日本政府ではありません。日本国⇒日米共同体(天皇派)国体を守る⇒日本政府は、国民サービスを提供する  という組織で成り立っています。

育成資金は、日本のオーナーである日米共同体である天皇派によって、提供される資金であるということがわかれば、この制度について深く理解できます。多くの人は、この制度について見るべき角度が違うということが言えます。たしかに、中央銀行システムによって運用されている資金ですが、なぜ、世界の警察である米国が日本の安全保障を守っているか?それは、米国が世界の金融の中心になれる財源を提供したからです。よって、米国ERBやイングランド銀行は、世界の金融の頂点として君臨できているといっても過言ではありません。よって、日本は、連合国を中心に日米共同体によって、守られる立場になったということなります。すなわち、中央銀行ネットワークがほぼ地球全体の世界連邦を実現しているのです。あと数カ国が参加できていませんが、これが完成すれば、完全に日米共同体による世界連邦の制度が出来上がると行っても過言ではありません。

日本の日米共同体すなわち、天皇派の資産は、世界連邦を作り上げるための財源を支えていることになり、中央銀行ネットワークによる世界統一ネットワークが完成が近づいているといえます。政治では敵対している国はありますが、国際金融の世界では、同じ土俵にいる仲間ということも言えます。ですから、物事は政治家の発言だけ見ていても、世界情勢は理解できません。政治家がいくら頑張っても資金を生み出すのは、中央銀行です。中央銀行が資金を提供しなければ政治は動かなくなります。すなわち中央銀行が世界を作っていると言えるのです。

このことを知らずして、世界情勢や世界経済を考えることができません。

また、日本経済の復活は、日本の日米共同体(天皇派)の資金、すなわち育成資金を活用して復活する以外、方法がないと言えます。

MSA総合研究所より