連邦準備制度と安全保障問題

連邦準備制度という育成資金は、非常に関係しているという話を数回にかけて書きました。これは、連邦準備制度という中央銀行が通貨を発行するための裏付けになる制度が関係して行なっている案件になります。

ですから、これは、政府案件というよりも連邦準備制度を守る組織ということは、同時にこれは、米国を始めとする同盟国に関係した資金ということになります。ここでは、日米共同体という書き方をしていますが、米国が中心となって連邦準備制度を守っていることが関係しています。その関係国に対して資金を分配する仕組みが育成資金の分配制度にも存在しています。

安全保障分野と外交分野が一致しているというのは、友好国への資金分配も日本の育成資金の財源は、連邦準備制度によって作られた資金であるから、まずは、日本の工業を支援するという目的に資金を出したのちに、日本および米国そして関係5カ国、そして、外交上の安全保障として連邦準備制度に関係する国々に対して支援する仕組みを構築しています。

そのことによって連邦準備制度に関係する国々を支援することで、各国の安全保障を守ることになります。

日本には育成資金を企業代表者を通じて育成資金を出すということは、同盟国に対しての安全保障を支援することになり、世界平和につながる制度であることはいえます。

大げさな感じをするかもしれませんが、現実問題は、それを目指しているのです。

まずは、ローカルな部分を見つめれば、日本の借金問題の解決と、貧困化している日本を大きくチェンジさせるための財源として育成資金の活用件数を増やすことです。

この事が重要なことになります。

MSA総合研究所より