実話!企業育成資金:東証プライム資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!歴史的側面から、現在における国際金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!国内外の私募プログラムの紹介を行います。(PPP案件)TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【日本私募プログラム研究会】

日本私募プログラム研究会では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

MSA 総合研究所とはどういう組織なのか

MSA 総合研究所の今後のあり方ということを考えています。

筆者は基本的にはこの MSA 総合研究所は任意団体で運営しています。

任意団体のメリットとしては設立が簡単であることまた登記をしているわけではないので自由に動けるというところもあります。

 

基本的には我々の活動はインターネット上で育成資金についての情報を発信するということを目的にしていますので登記することの重要性は特にはありません。

 

非課税法人で一般社団法人などを設立することも考えましたが MSA 総合研究所が行なっているモデルでは多くの方から寄付を集めて行うことでもありませんし基本的には育成資金というものは個人間での活動になります。

 

ですから考え方は情報発信はしていますが個人間で行なっているサークル活動とあまり変わりありません。

 

すなわち資本主義経済というものがどうなっているかということについて勉強会をしているわけです。

 

また戦後の日本というものはどのようにして作られてきたかという近代における経済的な歴史分野を学ぶということが我々にとっての課題になります。

 

実際に育成資金についての案件は別組織によって行われていますので我々の活動としては育成資金という制度を使って日本経済がどのように発展してきたかの歴史を学ぶこと及びその資金を活用すればどんなことをできるかということを考えるというシンクタンクに過ぎません。

 

なぜこのようなことを書くかといえば MSA 総合研究所についてどこでやっているのかとか誰がやっているのかとかまたどういう組織かというのを知りたがる人も割合多くいますのでこのことについて述べています。

 

基本的には MSA 総合研究所はシンクタンクとして育成資金について研究していることをブログ等で発表はしていますが活動は Web 上で行なっています。

団体に関しては任意の団体で育成資金について将来における日本の経済がどのように影響を及ぼすかを考えることを主にしているシンクタンクであるということを説明します。

MSA 総合研究所としての活動におけるシンクタンクに関心を持ってくれている方は日本全国におります。

本ブログの読者の方でも当方にご連絡いただいている方もいますしそうでない方も多数居ると思います。

すなわちこれはアメリカ合衆国が日本国に工業の発展を支援するために送られた資金ですからこれは日本の経済を支える民間財源です。

これを活用して日本の将来についてどういうことができるかということを考えるのが我々のテーマです。

 

MSA 総合研究所より