実話!企業育成資金:東証一部、銀行・信用金庫・病院の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

社債を発行して資金調達する場合には、育成資金を活用して社債を購入すれば簡単に資金を会社に投入できる。

コロナ不況下で、鉄道会社や航空会社が非常に苦境になっています。社債などを発行して、数千億円規模の資金調達をしようとしているというニュースが出ていますが、育成資金を使えば、非常に簡単に資金調達が可能になります。

資金調達をした鉄道会社や航空会社が社債を発行します。その企業に属している代表権者が個人的に育成資金から資金調達をして、自社の社債を個人て買い取ることで、会社には資金を投入することができます。社債を発行して、購入者については、広く公表する必要もありませんので、第三者割当増資をして資金投入をするよりも目立たなくていいです。

しかも、業績が改善すれば、資金を会社から返してもらうこともできます。社債の購入者が関係者であれば、特に慌てて返済を請求されることもなり、返済時期の相談も可能になりますので、東証一部企業の資本金100億円以上の企業代表権者が、個人的に資金を配当を受けることができる育成資金から調達した資金を投入するには、社債を発行してその企業の経営者が、育成資金から現金を調達して自社の社債を購入して、自社に対して資金を補填するというやり方が非常にいいのかとおもいます。

最終的には、社債の返還が難しいという場合には、債務放棄するという手段もありますので、会社的には非常に助かるはなしになります。

特に、鉄道、航空などのインフラ事業に対しては、通常より大きく資金を出すことができるのは、育成資金の特徴です。
イデア次第でいくらでも資金を調達する方法は、日本にはあります。

日本の大企業の経営者は、ほとんどこの手法を知らない、また、活用しないことで、経営難のときのウルトラCの技がないと言えます。

育成資金をしっかり活用できる社会を作りたいですね。

MSA総合研究所より