実話!企業育成資金:東証一部、銀行・信用金庫・病院の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

静かにお金持ちになることが幸せである。

企業育成資金についての話を書いています。
育成資金には、基本的には、2種類あると言われています。
国内ルートといわれる東証一部で資本金が100億円以上からできる案件と、米国ルートなどといわれる東証一部資本金300億円以上の製造業でできる育成資金があります。
いずれにしろ、皇室と育成資金の関係というものは、いつもうわさになりますが、そのような資金が存在していると信じる以外この案件について道が開けないことが言えます。

また、極秘裏で行われている案件でありますので、水面下でわからなく活動しているのが、育成資金の案件になります。

一般の常識からみたときに、経営者に対して資金提供をするという案件ではありますが、なぜ、そんな極秘で行うのかという疑問があるかと思います。やはり、この資金が、通常で考えれば、非常に巨額な資金であるということで、安全面を考慮するした上で、この資金を極秘でおこなっているということになります。ある意味、資金を受ける側の立場の人から見れば、秘密裏に極秘で行われない案件ですと、安心感を持てないと言えます。

金を持つということは、静かに金持ちになることが一番の幸せ。ということが言えます。

すなわち、この案件を遂行する上で、静かに案件が行われ、同時に、秘密保持をする力が重要になります。

いずれにしろ、日本独自の制度になりますが、日本を力強く育成するには、この資金の活用が重要になります。

MSA総合研究所より