実話!企業育成資金:東証プライム資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!歴史的側面から、現在における国際金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!国内外の私募プログラムの紹介を行います。(PPP案件)TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【日本私募プログラム研究会】

日本私募プログラム研究会では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

育成資金最新情報! これは、チェックしてください!

企業育成資金について、最新情報を入手した結果を言えば、

1,東証一部 資本金100億円以上の製造業、インフラ、小売業、その他業種相談可能

2,銀行

__________

★キャンペーン的案件(2021年年内)

3,信用金庫 預金高3000億円以上 (2021年年末まで)

4,病院 400床以上 (2021年年末まで)

※病院及び信用金庫は、来年以降は、行うかどうかは不明ということです。ですから、できる限りすぐにお申し込みください。

申請方法については、MSA総合研究所にご相談ください。非常に簡単ですから、この機会にご検討ください。
当方で会場を設定します。(東京都港区)

病院の案件については、年内限定で短期募集をしますので、ご興味のある方は、是非、この機会に資金調達をしてください。MSA総合研究所がお手伝いいたします。

※東京都港区にて申請業務をおこなっております。
事前にご連絡ください。ご説明いたします。

信用金庫に関しては、現在は、預金高3000億円以上から対応可能になります。ただ、今後金融政策の改革により、育成資金の申請が、信用金庫を継続するか現在論議されていますので、資金調達が必要な信用金庫の代表理事は、今年中に資金調達をすることをおすすめします。来年度継続するかは、現在のところ未定ということです。

企業育成資金についてのアナウンスは、一般的に広く公募されているものではありませんので、関係者からの情報を経由して伝達されていますので、なかなか最新情報を掴むのが難しいということが言えますが、今は、資金本部も完全に一本化されて行われていますので、今までのように、あちらこちらから募集されることは、本来はありません。

是非とも育成資金の案件についてご理解をしていただき、企業の競争力をつけていただければと思います。

MSA総合研究所より