実話!企業育成資金:東証一部、銀行の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

このブログも1000回を超える更新をしました。次のステージに突入します。

企業育成資金のブログも気付いたら、1006回の更新したことになります。1000日回峰業というものがありますが、何でも1000回、1000日という3年という歳月同じことを考えて行動すれば、形になるという意味だと思っています。このブログは、企業育成資金というテーマだけで3年以上の歳月をかけて、1000回以上の更新を続けたのです。

また、アクセス数も20万を超えて、企業育成資金というニッチな部分の話ではありますが、それなりの世界観を作り上げたと思います。

筆者も、都市伝説のような企業育成資金の話を、歴史からいろいろ調べ、また、国際金融、特殊金融の世界、そして、過去の国会審議文など徹底的にしらべて、この分野の世界を極めるために研究しました。

MSA総合研究所という企業育成資金についてのシンクタンクを立ち上げ、インターネットを通じて日本全国の企業育成資金のファンと繋がり、今は楽しく企業育成資金の話ができる仲間がたくさんできました。

楽しく話をしていても実際に企業育成資金を動かさない限り、日本の経済復興と、令和の所得倍増計画は実現できませんので、まさにビジネスとして企業育成資金の導入をご案内するお手伝いと、同時に、その資金を如何に日本経済復興のため、国民の所得倍増計画を実現させるためのコンサルティングを促進させる必要があります。

現在、企業育成資金は、完全に一本化されています。水面下で行われていますが、声には上げませんが、国家のため貢献できる資金提供を日々できるように作業を進めています。

いづれにしろ、日本には、究極の救済するための財源は存在していることが言えます。正直、日本の明日はないとおもっている多くの国民に対して、そうではない。日本には、ウルトラCの資金を生み出す手段があると詳しく知らくてもいいですが、手段があることだけ理解をすれば、将来に希望がもて、日本国民として生まれたことに対して誇りを持つことができるでしょう。

いずれにしろ、MSA総合研究所としては、これからは、ブレーキ踏むことなく企業育成資金をつかい日本を世界一の経済的豊かな国にする努力を行うようにします。

これは、完全に民間活動で、この制度の関心をもった有志が集まり、作り上げる制度です。情報格差により経済格差がでないように、努力することで、結果がでる世界を構築することが重要です。

それを支援するモデルをつくることがMSA総合研究所の使命とおもっています。

MSA総合研究所より