実話!企業育成資金:東証プライム資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!歴史的側面から、現在における国際金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!国内外の私募プログラムの紹介を行います。(PPP案件)TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【日本私募プログラム研究会】

日本私募プログラム研究会では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

なかなか苦労の多い案件ですが、素晴らしい制度ですから活用を

さて、企業育成資金について書いています。期間限定で、400床以上の私立病院は、企業育成資金に申請できるという最新情報がありましたので、当研究所の関係者に告知しました。昨年や、今年もどこかが募集していたようですが、申請しても資金がまだ出ておらず、困っているという話を聞いています。

確かに、トラブルの多い病院案件ですが、今回は、企業育成資金の本流からの資金提供となりますので、十分に可能性がある案件として捉えてください。

仲介者の中には、過去のトラブルで病院の理事長に嫌われて困っているなど、実は、困る話が多いのが、この案件になります。

できないならできないので仕方ないと思いますが、紹介者は明確な説明ができない状況で隠していることもトラブルが深刻化する原因になっているかと思います。

企業育成資金の案件は、紹介者がいて、ひとを経由して案件をおこなっていきますので、その話が本当であるか?また、そんな話、巷に、溢れているということで、信じてもらえず苦労していると聞きます。

MSA総合研究所では、基本的には電話対応での説明などに応じています。筆者も、詳細の説明を求められることがありますが、電話での対応のみで詳細を説明することをさせていただいています。

正直、この案件は、過去にいろいろうまくできていないことがあれば、信じがたいと言われる原因がありますが、現在は一本化されて組織も刷新されています。過去の記憶を捨てて新しい話として捉えていただくことが大切です。

企業育成資金という素晴らしい制度がありますので、この制度の活用件数を増やすことが我々の努めだとおもって日々水面下で活動しています。

MSA総合研究所より