実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成機構の活動方針

企業育成資金の取り扱い団体は、企業育成機構であるということを世間に理解してもらうために、筆者が努力することは、インターネット上で企業育成機構という名称が検索エンジンで上位に上げる努力です。ですから、今後、本ブログでは、テキストタグの中に企業育成機構という単語を多用します。理由は、SEO対策です。

SEO対策というのは、一番単純に関連する文書と関連する単語が多ければ、検索エンジンでヒット数確率が高まるというものですから、毎日、コツコツと書き続ける以外方法がありません。

よって、読者の皆様からいえば、なぜ、同じようなことを何度も書くのか?と疑問に思うかもしれませんが、これは、あくまでもインターネット対策です。インターネット上で検索エンジンで上位にあがれば、今の時代信用を勝ち取れます。

これもビジネスにとって大切なことだと思っています。

企業育成機構の関係者が成功する確率を高めることが筆者の役目でもあります。今の時代わからないことは、すぐにインターネットで検索する時代ですから、インターネットで書かれているということは、それは、何ら名の存在があると確認できる話になります。

企業育成機構は、企業育成資金で活動している社会活動家の組織というイメージ戦略にこれから入ります。
これは、令和の所得倍増計画の推進、日本の経済復活を願って活動している社会活動家の集合体であることが大切です。

すなわち、企業育成機構のメンバーは、日本の将来を作るメンバーとしてリードする存在になっていくのです。
まずは、自らの立ち位置を明確にする必要があります。
われこそは、企業育成機構の支部を立ち上げ、日本の未来をつくる社会活動家になりたいというリーダーは、手を上げてください。

企業育成機構としての活動を盛り上げていきましょう。企業育成資金を動かすということは大前提ですが、それ以外も日本の発展に寄与する組織として発展することは望ましいと思っています。それは、それぞれの方の考え方で行動していただいて結構です。筆者の予想では、3年から5年で、それなりの社会的地位が築けるとおもっています。頑張りましょう。


**********
企業育成機構の活動支部の紹介

企業育成機構 さくら支部
企業育成機構 陽水会
企業育成機構 エンゼル支部 
企業育成機構 あまてらす支部
企業育成機構 三六支部 (みろく支部
企業育成機構 ひまわり支部
企業育成機構 やたがらす支部

**********

MSA総合研究所より