実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

龍穴を探して、そこで営むことで一族は栄えるという概念を知る。

資本主義社会をつくりあげるのは、連邦準備制度と繋がる穴が重要ということを説明しました。すなわち、お金を作る工場から穴(送金する)を通じて日本どこかの銀行口座から資金が流れる仕組みです。これが、育成資金の仕組みと考えれば理解できると思います。

これは、中央銀行の中の中央銀行 資金を作る部門(連邦準備制度)によって行われている作業であり、その穴の管理者がこの資金の管理者ということになりますので、これは、世界の銀行の中心である連邦準備制度と日本にいる管理人とで行っている話であり、政府のおこなっていることではありません。

先程のブログでも説明しましたが、資本主義経済の設計者は、銀行家です。銀行家によって設計された資本主義社会の資金の流れは、当然、銀行家が扱いやすい方法によって管理されるのは当然です。銀行家は、資本主義と民主主義の世界を作りました。社会構造というのは、自然にできたものではなく設計者がいるわけです。

そのことに気づく必要があります。当然、設計者がどう社会構造をコントロールすれば、いいのか考えます。一括管理できるようにするのは、当然です。

それで、理解できてきたとおもいますが、連邦準備制度で、資金の製造を一括管理して、送金という穴を通じて、各国に資金を送っているのです。
穴の出口が、企業育成資金ということになるのです。

氣の世界を研究すると龍穴という言葉を聞くことがあります。地球上に氣が噴出する穴があり、そこがパワースポットして神秘的なパワーがよぎるという話があります。 氣の流出する穴から天に向かって登る氣の流れを龍が天に舞い上がる絵と似ていたのでしょう。

また、中国では、龍穴を見つけ、龍穴に家を建てることでその一族は栄える。という考え方があります。すなわち。龍穴を見つけ、そこで生活を営むことは成功への道筋になると言うことになります。

すなわち、資金の放出する穴 すなわち、日本の龍穴は、企業育成資金に関わることと言えます。

まさに、日本最大のパワースポットは、企業育成資金に関わることで、栄えるといえるのです。

気付きましたか?

MSA総合研究所より