実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成機構の個人会員向けの名称は、 正会員 というタイトルがいいと思います。

企業育成資金の本ブログの読者の活動母体をどうするかを検討した結果、企業育成機構の立ち上げを決定しました。多くの方が、数名のチームで活動していますので、小さい活動母体で企業育成機構の支部を設立して活動してもいいというルールを考えました。

ここで、単独で活動している方の立場というのはどうするかということを考えたときに、企業育成機構の正会員 という肩書で活動するのはどうかと考えました。

********
企業育成機構

正会員 ◯◯ ◯◯ (氏名)
TEL 090-0000-0000
Email
住所
********

支部名称を入れるか入れないかは、自由にします。

企業育成機構
正会員 として活動するということを提案します。

このタイルとは、企業育成資金について本ブログの読者の方で、企業育成資金について精通している方であれば、正会員の名称で活動してもいいことにします。しかし、社会のモラルを守って、企業育成資金の導入を進める社会活動家として活動することを誓っていただきます。

誓約書は、とりませんが、企業育成資金のファンクラブは、自由参加できます。

企業育成機構の正会員は、本ブログの読者であることが絶対条件です。また、本ブログを通じて、令和の所得倍増計画、日本経済の復活を目指す社会活動家であることが条件になります。

とくに、当方に申請する必要がありません。どんなタイトルで活動すればいいですか?という話も多方向からありましたので、
支部を設立した方は、支部で活動して頂き、単独で活動している方は、企業育成機構 正会員 ◯◯ 〇〇(氏名)を用いて活動しましょう。

企業育成資金は、日本国民の権利です。それを活動する上で、企業育成機構 正会員として活動して、日本を元気にすることが大切だと思っています。

よろしくお願いいたします。

 

MSA総合研究所より