実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

非公開であるが世界規模で行われれている特殊金融

企業育成資金という名称で行われている企業経営者に提供される資金提供のスキームは、すべてPPP運用と関係があるということが言えます。

PPP運用というのは、米国FRBのPPP運用資格を有したトレーダーのみがクローズした環境下で運用できるという特殊運用になります。

すなわち、日本の企業育成資金は、主催者が先に、運用する前に資金を企業経営者(代表者)に資金を先出しして、その後、PPP運用のトレーダーが中期運用をおこなって、資金をもとに戻す作業をします。これが基本です。

この話は、過去にも随分説明しましたが、最近は書いていなかったので、理解をしていない人も多く、再度書いています。

すなわち、資産価値=運用の与信枠 ということになるのです。

企業の代表者=企業の資産価値=運用の与信枠⇒PPP運用トレーダーがPPP運用によって資金を生み出す。


この意味が理解できますか?

すなわち、なぜ、企業の代表者個人のみが資金を受けることができるのか?理由は、簡単で、PPP運用のスキーム上の理由です。これは、FRBのPPP運用の仕組みがそうなっているからです。

よって、こういう理解になります。
日本では、企業育成資金は、東証一部の資本金100億円以上、銀行は、本資金として資金提供、 特別案件として、信用金庫預金高3000億円以上、民間病院400床以上 という基準で募集しているかということは、この規模の企業の価値が、PPP運用の対象になるということが関係しています。

ですから、小さい企業、資産価値の小さい企業には、資金提供する案件がないのか?といえば、それは、PPP運用の対象にはならないからです。すべてが、特殊金融の基準と関係しています。

ですから、外国では、PPP運用から資金調達をしたいとおもっている経営者はたくさんいます。よって、これに参加して資金を得て、企業を大きくした人、社会活動家として、全世界で活動している方などいます。

世界がお金を作る仕組みをそのような仕組みにしていることが、理解できれば、日本人の経営者もPPPについてと関係のある企業育成資金というのは、これは、PPP運用スキームにより無償で資金提供を受けることができるサービスだと理解すればいいのです。

よくこの話をすると実態のない話だ!ということを言われると聞きますが、実態は、非公開ですが、世界規模で行われているPPP運用サービスであると知ることが大切です。その主催者がだれかということだけに注目していますが、主催者は、資金を先に提供してくれるすばらしい方、その資金を時間をかけて運用しているのが、FRBの資格をもったPPPトレーダーということになります。

これは、主催者は、絶対に自ら、そのことを言ってはいけないというPPPの世界のルールがありますので、そのことを理解する必要があります。非公開だから存在しないのでなく、これは、非公開で行うべく仕組みで世界規模で行われている仕組みということを知る必要があります。

MSA総合研究所より