実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

特殊金融の世界を知ることで理解が深まる

企業育成資金という制度は、これは、PPP運用ができる対象企業ということになります。PPP運用とは、資本や資産などと同等の価値を与信枠として海外いるFRBの資格を有したPPPトレーダーが運用するというモデルです。

現金資産の場合、銀行ネットワークで情報が調べることができますが、企業の場合は、資本金や資産、金融機関の場合は、預金高があることなどで、企業の価値がきまります。

企業を代表者は、企業を代表しているので、企業と同等の価値を有した立場となり、その人の名義があれば、企業価値と同等の価値でのPPP運用ができるというFRBのライセンスを有したトレーダーが行っている運用スキームがあります。

その仕組があるので、資金を無償提供できるのです。ただ、ある資金だけを配ると、資金が目減りします。資金は、一時的に出しても、与信枠だけを使い海外のPPP運用トレーダーによって、資金運用して資金を戻す作業をすれば、資金は目減りすることなく、逆に運用枠が広がり資金をそれ以上に増やすことができるというメリットがあります。

すなわち、これは、企業育成資金という名称で募集をしていますが、PPP運用を用いた資金提供をするスキームになります。

すなわち、企業としてのPPP運用に関する資産価値は、資本金をベースに考える。
金融機関は、預金高をベースに資産価値を考える。
民間病院は、病院の資産がどうなっているか、病院の法人は、資本金がない法人ですので、決算書上の総資産が資本金と同等の価値とみなす。

という基本的概念があります。

このことが理解できれば、企業育成資金がなぜ無償て提供できるかが理解できるのです。確かに、完全にクローズ市場で運用されるPPP運用ですから、一般的にこの運用モデルのトレーダーと出会うことがありませんが、これは、世界的に言えることは、PPP運用トレーダーの周辺には、それをサポートするコンサルタントがいます。コンサルタントによって、この案件は案内されるという仕組みで実際の運用者とのコンタクトが外部とできないようにしています。

すなわち、セキュリティーレベルが最高レベルで行われていることになります。そんな話を過去のブログでも随分説明しましたが、特殊金融の運用ではそんな世界があるとわかっているだけで、十分です。

いずれにしろ、これは、完全に世界的銀行ネットワークによる特殊運用の世界の話になります。

日本では、ネーミングが企業育成資金と呼ばれますが、世界では、PPPの案件と言われています。

 

MSA総合研究所より